女性の貧血の原因って何?4種類あったその原因とは?


私も今まで何度か病院から薬を出されて飲んだりして悩んだこともある、貧血なのですが詳しくはどんな病気なのでしょうか?

女性は特に悩んでいる方も多いですよね。そんな貧血について調べてみました。

女性の貧血

貧血の原因って?

一口に貧血と言っても、その中には何種類か種類があります。一番有名で、恐らく皆さんの中にも多いのは鉄欠乏性貧血と呼ばれるものです。その他にも悪性貧血、再生不良性貧血、溶血性貧血などと呼ばれるものがあります。

それぞれの原因を簡単にまとめると

鉄欠乏性貧血………ダイエットや外食などの機会が増えたことによる鉄の摂取不足。女性特有の妊娠や出産、生理などの時に血液がたくさん出てしまうことによる鉄の不足など。

悪性貧血………ビタミンB12や葉酸が不足することで、血液の中にある赤血球が作られなくなるため、起こる。

再生不良性貧血………体の中にある骨髄と呼ばれる部分の働きが悪くなり、血液がうまく造られなくなるために起こる。

溶血性貧血………赤血球の膜が通常の寿命よりも早く破れてしまい、ヘモグロビンが流出してしまって起こる。

なんで女性が貧血になりやすいのか?

前述した通り、出産や妊娠、生理など女性にしかない出来事で大量に出血を伴うものがあるため、女性に多い病気ということができます。母乳も血液なので、母乳育児の方はミルクの場合に比べるとさらに血液が不足しやすくなります。また、ダイエットで食生活が乱れたり、食事を抜いたりすることことが多いのも男性より女性の方が多いので、これも患者に女性が多い原因の一つと言えると思います。

貧血はどんな症状?

めまいや立ちくらみ頭痛や体が疲れやすい、顔色が悪い(青白い)、動悸、息切れなどが主な症状と言えます。
しかし、症状が軽かったりすると気がつかない場合があります。
私も昔妊娠中に重度の貧血との診断を受けましたが、めまいや立ちくらみなど上記の症状は全くなく、自分では気づいていませんでした。

貧血の基準値は?

血液中のヘモグロビンの数値が少なくなった場合を貧血というので基準値より少ない場合は貧血です。ヘモグロビン濃度が11.5から15.0が正常値の範囲内なので、それ以下の場合が当てはまります。

貧血が改善する食事は?サプリは?

鉄分をたくさん含んだり、鉄を作るのを助ける成分がたくさん入っている食材はアサリやシジミなどの貝類、レバーや緑黄色野菜、大豆製品などがあります。
これはどんな病気にも言えることですが、好き嫌いをしないで色々な食材をバランスよくとることが一番の健康への近道だと思います。
普段の食生活で気をつけることは難しい場合は、サプリなどを利用すれば、手軽に摂ることができます。薬局や通販などで色々なものが出ています。
鉄以外にも葉酸やビタミンなど、いろいろな成分が一緒に入っているものも多いので、自分に合う商品がないか見てるといいでしょう。

貧血の人が気を付けるべきことは?

貧血の人が控えた方が良い食品もあります。
スナック菓子やハムやソーセージなど加工食品、食事と一緒にもしくは直後に緑茶や紅茶などを飲むこと玄米やおからなどの食物繊維を多く含む食品など。
無理に我慢するのは良くないので、食べるのはいいと思いますが、あんまりたくさん取らないように気をつけましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました