寒暖差アレルギーとは?症状、原因、対処法まで


冬も遠ざかり、日中と朝晩の気温差が大きくなってくる季節ですね。この時期に気を付けたいのが寒暖差アレルギーです。

例えば暖まった室内から寒い室外へ移動した時。熱々のラーメンを食べている時。風邪をひいている訳でもないのに、鼻水が出たりしたことはありませんか?

花粉症など他に原因として思い当たるものがないなら、寒暖差アレルギーである可能性が高いです。

主な症状を載せたので、悩んでいる症状があてはまるか確認してみてください。もちろん対処法もご紹介します。

どのような症状が出る?

こどものくしゃみ
寒暖差アレルギーの主な症状は鼻水や鼻づまり、くしゃみ、倦怠感など。他にもイライラしやすくなるなど感情が不安定になったり、中にはじんましんが出る人もいるそうです。風邪との違いは、熱が出ないことや鼻水が透明なこと(風邪を引くと黄色くなりますね)、アレルギーとの違いは目が痒くならないことです。

寒暖差アレルギーは何が原因?

温度計
寒暖差アレルギーは、内臓や血管など全ての体内環境を司る自律神経が乱れることが原因で起こります。

人間の体の中の血管は寒い時には縮み、暑い時には広がって体温を一定に保つ働きをしているのですが、寒暖差が激しくなったり突然の気温の変化が起こるとこの働きが追い付けず、自律神経が乱れてしまうんです。

だいたい7℃以上の温度差があると寒暖差アレルギーが起こりやすいと言われていますよ。私の場合は温かい汁物を食べると鼻水が出てきてしまうので、これも寒暖差アレルギーと言えますね。

ちなみに、アレルギーという名前ではありますがアレルゲンとなる物質はないので、実際はアレルギーではないんです。アレルギーに似た症状が出ることからそう呼ばれているのですが、少しややこしいですね……。

どのような人がなりやすいのか

この寒暖差アレルギーは女性に起こりやすいと言われています。男性と比べると筋肉量が少ない女性は体内で熱を生み出しにくい為、寒暖差に体が対応しにくくなっているようです。女性に冷え性が多いのもこういった理由からなんですね。

ただし近年の異常気象の影響で寒暖差アレルギーに悩んでいるという人はかなり増えてきているので、今は誰もがなる可能性があると言えますよ!

症状が出ているときの対処法は?

くしゃみ
鼻水や鼻づまりなどのアレルギー症状が出ている時はそれを少しでも抑えたいものですよね。

寒暖差アレルギーにおいて、まず有効な対処法はマスクをすることなんです!一番影響が出やすい鼻がマスクの中で温められるので、症状をかなり和らげることが出来ますよ。

また“首”がつく場所を温めることも重要です。特に首、手首、足首は温めると血液が体中に回りやすくなり、体温が上昇しますよ。冷え性にも効果がありますね。

寒暖差アレルギーを治す&予防にもなる対策はこれ!

ストレッチ
寒暖差アレルギーを根本的に治すには、なんといっても体を温め寒暖差に負けない体をつくること。これに尽きます。

寒暖差アレルギーを治すだけでなく、もちろん予防にも繋がりますよ。

まずは入浴の際に体の芯まで温めて、体をリラックスさせましょう。たっぷりと睡眠をとることも、自律神経を整える為には欠かせません。ストレスも自律神経に負担をかけるので、上手に発散してストレスをためないようにすることが大切です。

また運動をして筋肉をつけ、体の中からも温めましょう。免疫力もUPしますし、筋肉の強張りも解けるので肩凝りの解消にもなりますよ。ハードな運動は必要ありません。ストレッチなどの軽い運動で十分です!

そして食生活を変えることでも体質改善が出来るので、ショウガなどの体を温める働きがあるものを積極的に取り入れながら、たんぱく質、ビタミン、ミネラルとバランスのよさを意識して食事を取りましょう。

つまりまとめると、バランスの良い食事を取り入浴で体を温めた後、軽くストレッチを行ってぐっすり眠れば完璧ですね!

普段から健康的な生活を送れば、おのずと寒暖差アレルギーは治り、他の体調不良も改善が期待できます。自律神経を整えることを意識して過ごしてみましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました