鰻を食べて夏バテ予防!土用の丑の日の意味や鰻を食べる理由って?


土用の丑の日というと、夏バテ予防の為に鰻を食べる日。でも土用の丑の日というのは一体何の日なのか、そしてどうして鰻を食べるのか。そんな案外知らない土用の丑の日に関する事柄についてまとめました。

そもそも「土用の丑の日」って何?


そもそも土用の丑の日とは一体何なのでしょうか。
まず「土用」についてですが、土曜日とは全く関係がありません!土用というのは季節に関係があるんです。日本の季節は春夏秋冬ですが、その季節の変わり目が土用に当たります。立春、立夏、立秋、立冬の前のおよそ 18日間が土用の期間となっていますよ。
そして、「丑の日」の “丑 ”というのは十二支の丑のことです。昔は日にちを数えるときに十二支が使われていました。その為、丑の日は 12日周期でやってきます。
つまり土用の 18日間の中で丑の日に重なる日が、土用の丑の日となります。

どうして鰻を食べるようになったのか

今では土用の丑の日には当たり前のように鰻を食べていますよね。私も毎年楽しみにしています。でもどうして土用の丑の日=鰻、になったのでしょうか。
夏に栄養満点の鰻を食べて精をつける、という考え方は 1000年以上前からありました。しかし土用の丑の日に鰻を食べるようになったのは江戸時代からなんです。
時は江戸時代中期。夏はただでさえ脂っこい食事は避けられるのに、その上旬でない鰻は全然売れないと鰻屋の嘆きを聞いた平賀源内(エレキテルでよく知られる発明家)が、「本日丑の日」と書いた紙を店先に貼り出して鰻を売り出してはどうかと提案し、その通りにしたところたちまち鰻屋は大繁盛!他の鰻屋もこぞって真似をし始めたことで、いつのまにか土用の丑の日=鰻が定着して今に至ります。
まさか原点が鰻を売るための宣伝文句だったとは驚きですが、実は鰻の旬は夏ではないという事実もびっくりですね!鰻の旬はなんと冬なんですよ!土用の丑の日だけでなく、旬の鰻も味わってみたいですね。

土用の丑の日は、鰻以外にも◯◯がつく食べ物を食べると良い!


鰻の他に土用の丑の日に食べると良いとされているのは、「う」がつく食べ物です。
“う ”がつく食べ物というと、うどん、梅干し、瓜、馬(馬肉)、牛(牛肉)などでしょうか。確かに体に良さそうだったり、スタミナがつきそうなものばかりですね。

土用の丑の日は一日だけじゃない?

土用の丑の日というと一般的に夏の土用の丑の日を指しますが、実は四季それぞれに存在しています。前述した周期の関係で、土用の丑の日がワンシーズンに二日あるということもあり、その場合は一の丑、二の丑と呼び分けます。

関東と関西で鰻の調理の仕方に違いが!味も違う??

関東と関西では食文化に違いがあることも多いですよね。例に漏れず、鰻の調理方法にも違いがあるんです。
関東は背開きで頭を落とし、素焼きをして一度蒸した後、タレをつけて焼きます。関西は腹開きで頭は残した状態で、タレをつけて一気に焼きます。関東風はふわっとした焼き上がりで口に入れた瞬間とろけるような食感、関西風はパリッと香ばしくなるなどそれぞれ味わいも異なります。関東風と関西風の境目となるのは静岡県浜松市で、ここならどちらの鰻も味わうことが出来ますよ!

2019年の土用の丑の日は7月27日!

2019年の土用の丑の日は 7月 27日です!是非美味しい鰻を食べて暑さに負けない体をつくりましょう!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました