2019年はどこの花火を見に行く?7月のおすすめ花火大会をご紹介

スポット

最近は徐々に気温も上がり、夏が近付いてきていることが実感できますね。夏といえばたくさんの花火大会が開催される季節です!今年はどこの花火を見に行こうか、今から計画を立ててみませんか?今回は7月に開催される花火大会情報について調べてみました。是非候補に入れてみてくださいね。

7月に開催される大きな花火大会は?

足立区の花火

夏休みシーズンが始まる7月には全国で大きな花火大会がいくつも開催されます。その中でも規模の大きい人気の大会を厳選してみました!まずは開催日と合わせてご紹介します。

真駒内花火大会(北海道)2019年7月6日(土)

伊勢神宮奉納全国花火大会(三重)2019年7月13日(土)

足立の花火大会(東京)2019年7月20日(土)

天神祭奉納花火(大阪) 例年7月25日開催

隅田川花火大会(東京)2019年7月27日(土)

豊田おいでんまつり花火大会(愛知)2019年7月28日(日)

熱海海上花火大会(静岡)2019年7月26日(金)、30日(火)

それぞれの大会の特徴、花火の打ち上げ数、時間帯を知りたい!

それでは各花火大会について、日程と特徴を詳しくお伝えします。

「第9回真駒内花火大会」2019年7月6日(土)スタジアム開場17:00/花火打ち上げ19:50~20:50 会場:真駒内セキスイハイムスタジアム

真駒内花火大会は今年でまだ9回目の新しい花火大会です。この大会では北海道内で最多となる22,000発もの花火が打ち上げられ、スタジアムの観覧席からは迫力ある花火をすぐ目の前で楽しむことができます。観覧席はすべて有料となっていて場所取りをせずに済むことも魅力となっていますよ。
更に世界の音楽コンクールで活躍している“丸玉屋”や内閣総理大臣賞を数度受賞している“紅屋青木煙火店”の花火は必見!花火、音楽、光、炎が融合されたエンターテイメントを見るなら北海道真駒内へ。

「第67回伊勢神宮奉納全国花火大会」2019年7月13日(土)19:15~21:00 会場:伊勢市宮川湖畔

伊勢神宮奉納全国花火大会は名前の通り、伊勢神宮へ花火を奉納するという目的で始められました。更には全国から選抜された花火師が腕を競う競技大会でもあり、日本三大競技花火大会の一つに数えられています。競技部門では“打ち上げ花火の部”(40組)と“スターマインの部”(10組)があります。全体ではおよそ10,000発もの花火が上がり、今年は“令和改元記念スターマイン”も上がる予定ですよ。全国から集められた花火師によるハイレベルな花火達を鑑賞してみませんか。

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

「第41回足立の花火」2019年7月20日(土)19:30~20:30 会場:荒川河川敷

足立の花火はおよそ100年の歴史を誇る花火大会で、毎年東京で行われる花火大会の中で一番早く開催されます。東京の夏の幕開けにふさわしいおよそ13,000発の花火が打ち上がり、音楽やレーザービームを使った演出などが更に花火を盛り上げます。そして去年始まった新企画、ナイアガラを二重にする「Wナイアガラ」は今年も行われる予定です。河川敷が会場となるので目の前で打ち上がる花火は迫力満点、また視界を遮るものがなくどこからでも綺麗な花火を見ることが出来るのも嬉しいポイントですね!

「天神祭奉納花火」例年7月25日開催 19:00~21:00頃 打ち上げ会場:川崎公園、桜宮公園

日本三大祭の一つで1000年以上の歴史がある天神祭。その最後を飾るのが奉納花火です。打ち上げ数は5,000程度ですが見応えのある花火が多いのが特徴です。
まず最初に打ち上げられる「紅梅」という花火はここでしか見れない貴重な花火で、大阪天満宮の象徴である紅梅の花が咲いてオープニングを飾ります。
また「仕掛け花火」と呼ばれる文字花火も有名で、最大10文字もの言葉が輝きます。スポンサーの名前が主なのでなんだかシュールな感じです……。
更に、花火に照らされた大川では「船渡御」という百艘もの船がかがり火や提灯を灯しながら航行する水上パレードが行われ、一帯がとても幻想的な雰囲気に包まれますよ。火と水の祭典ともいわれるこのお祭り、今年は是非体験してみては?

「第42回隅田川花火大会」2019年7月27日(土)19:00~20:30 第一会場:桜橋下流~言問橋上流 第二会場:駒形橋下流~厩橋上流

日本最古の花火大会として知られる隅田川花火大会。二つの会場で行われるこの大会では20,000発もの花火が打ち上がります。まず第一会場で始まり、19:30からは第二会場でも花火が打ち上げられ5分間に1000発という連続する花火が鑑賞できます。その後第一会場にて花火コンクールが行われ、国内最高レベル花火師の作品を見ることが出来ますよ。そしてラストは第一会場、第二会場ともにスターマインの連射が!迫力たっぷりの花火達が夜空を明るく染め上げます。有名な隅田川花火大会、一度は行ってみたいものですね。

「豊田おいでんまつり花火大会」2019年7月28日(日)19:00頃~ 会場(例年):矢作川湖畔 白浜公園一帯

豊田おいでん祭のフィナーレとして行われる、東海地区最大の花火大会。この大会ではおよそ13,000発の花火が打ち上がり、有名な花火師達の創作花火や迫力満点の手筒花火、日本煙火芸術協会作品の花火など様々な種類の花火を見ることができます。中でも目玉として人気なのは「メロディ花火」という花火と音楽を融合させたもの。そして地上30mからのナイアガラ大瀑布はまるで天から降り注ぐようで圧巻の光景です!花火愛好家の評価も高くテレビで取り上げられた大人気の大会です。

「熱海海上花火大会」2019年7月26日(金)、30日(火)20:20~20:50 会場:熱海湾

熱海湾で行われるこの花火大会はまずなんといっても地形が特徴的で、舞台となる熱海湾は三方を山に囲まれている為、海で打ち上がった花火の音が反響しまるでスタジアムにいるかのようなサラウンド効果も抜群なんです。花火が上がるたび、音と振動が体の奥にまで伝わってくるような感覚を是非体感してみてください。
およそ5,000発打ち上がる花火が水面に映る様子は華やかでとても素敵です。そしてフィナーレに打ち上がる「大空中ナイアガラ」。これは会場全体から打ち上がるスターマインのことで、花火が一斉に降り注ぐその明るさはまるで太陽が昇ったよう。思わず歓声をあげてしまうこと間違いなしです。熱海会場花火大会は一年を通して何度も行われているので、春夏秋冬でまた違った楽しみ方が出来ますよ。

■2018/7/27■熱海海上花火大会■wide花火セット
■平成30年7月27日(金) 20時20分~20時50分夏の熱海海上花火大会の一回目から、大型ワイドスターマインのセットです。オープニングカウントダウン1:05 デジタルスターマイン2:54 大空中ナイアガラ台風12号の影響か、良い風が吹きクリアに観ることが出来ました。夏熱海の花火はこの後、7/31(火)、8/5...

中でもおすすめの花火大会は「伊勢神宮奉納全国花火大会」!

上記の大会はどれもおすすめですが、中でも個人的におすすめなのは伊勢神宮奉納全国花火大会です。
伊勢神宮に奉納する花火ということで他にはないどこか神聖な雰囲気の中、日本屈指の花火師達によるここでしか見られない素敵な作品を見ることが出来るのがとても魅力的です。ユニークなものや美しいもの、様々な花火が1発ずつ打ち上がるので目に焼き付けておきたいですね。自分の中での一位を決めるのも楽しみの一つかもしれません。更に大会の前後には伊勢神宮への参拝や伊勢観光に出かけることも出来るので、花火大会を含め伊勢を満喫しましょう!

伊勢神宮奉納全国花火大会のおすすめ観覧スポット、グルメは?

ポイント

伊勢神宮花火大会を鑑賞する上でおすすめのスポットをいくつかご紹介します。
まず会場でみる場合は有料観覧席からの鑑賞がおすすめです。花火は目の前で打ち上がり音響設備も設置されるため見応えがありますよ。有料観覧席は5月18日(土)よりチケットぴあ、各プレイガイド、全国のコンビニで一般販売が開始されています。料金は2,000円~15,000円です。
無料席もありますが、早い時間帯から会場に出かけて席の確保をする必要があります。またとても混雑するのでゆったりしながら花火を見ることは難しいです。

他の穴場スポットとしては以下の場所がおすすめです。

「宮川の堤防道路沿い」

地元の方を中心に定番の観覧スポットになっています。斜面に座ってのんびりと花火を鑑賞しましょう。車は近所の民家の臨時有料駐車場に停められます。

「大仏山公園」

会場からは離れてしまいますが、視界を遮るものがない為花火がよく見え、混雑もなく渋滞も起きません。レジャーシートを敷いて鑑賞するのがおすすめ。

「ミタス伊勢の駐車場」

伊勢市駅から徒歩20分弱のショッピングモール“ミタス伊勢”の駐車場も穴場スポットとなっています。必要なものがあればすぐにモール内で買えるのも利点ですね。

「伊勢志摩スカイライン 一宇田展望台」

会場から遠くはなってしまいますが、花火と夜景を同時に見ることが出来る穴場スポットで、特にカップルに人気の高い場所です。通常は通行料金1,250円のところ、大会当日の19時以降は半額になります。

次に気になる屋台グルメについての情報です。

この大会ではおよそ300もの屋台の出店があるそうです。場所は度会橋より南側の宮川両岸です。メニューは焼きそばやイカ焼き、かき氷などの定番のものに加え、まるまる焼き、どて煮など西日本の名物を食すことが出来ますよ。

もし花火大会鑑賞と同時に伊勢観光を考えているなら、旅行会社にてツアーも組まれているのでチェックしてみてくださいね。

今回は2019年7月に行われるおすすめの花火大会についてお伝えしました。どれも素敵な大会ばかりですね。行きたい大会は見つかりましたか?有料席やホテルの予約を考えている場合はなるべく早めに行いましょう!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました