熱中症は危険!症状や前兆などや5つの予防対策について

夏になるとニュース等でもよく耳にする熱中症ですが詳しくはどんなものなのでしょうか。

熱中症とはどんなもの?

初夏や梅雨明け、夏休み明けなど、気温が急上昇する時期は大変注意が必要です。
体温が上がって体内の塩分と水分のバランスが崩れたり、体温を調節する機能がうまく働かなくなって起こるさまざまな症状のことを言います。

どんな症状かあるの?

初期症状としてはめまいや立ちくらみ顔が火照る、1時的に気を失うなどがあります。
また、塩分の不足によるこむら返りや大量に汗をかくこともあります。
次の段階の症状としては、
頭痛や吐き気、嘔吐、倦怠感などがあります。
重度の症状としては意識障害、けいれん、手足の運動障害などがあります。
特に以下のような環境では注意が必要です。
・ 気温や湿度が高い
・ 風が弱く日差しが強い
・ アスファルトなどで照り返しが強い
・ 急に暑くなった

前兆はあるの?

口が乾いたり、手足が冷えたり身体が痺れたり普段と少しでも違うなぁと感じたら注意した方が良いです。
私も数回経験したことがありますが、自分で異変を感じた時にはもう既に自分で歩いたり助けを呼ぶようなこともできず、ぐったりしてしまいます。

予防方法はあるの?

①日頃から暑さに負けない身体作りをすること。
好き嫌いをせず、バランスの良い食事を摂ったり、睡眠をしっかりとることで体を丈夫にし、熱中症にかかりにくくなります

②こまめに水分補給をすること。
喉が渇いたと感じなくても、こまめに少しずつ水分を取るように心がけます。
飲むものはお茶やお水でも構いませんが、塩分や糖分が程よく入っているスポーツドリンクが良いでしょう。

③塩分を程よく取ること
他の病気などとの兼ね合いもあるので一概には言えませんが、普段の食事などで程よく塩分を摂取しましょう。

④衣服の工夫をすること。
綿や麻など通気性の良い素材のものを選ぶことや一枚脱ぐことができるように羽織るものを持っていくと、気温に合わせて衣服を調節することができます。

⑤外に出る時は日差しを避けること。
外出する際は帽子をかぶる、日傘をさすなどして体温が急激に上がるのを防ぎます。
また日陰を歩いたり、適度に木陰などで休憩するのもいいでしょう。

予防に効果的な食事はあるの?

ビタミンB1やカリウム、マグネシウムなどを多く含む食品がおすすめです。
例えば豚肉やモロヘイヤ、納豆、枝豆、梅干しなどが良いとされています。
夏の時期に積極的に献立に取り入れたいですね。
最後に、特に注意が必要なのは、小さなお子様、年配の方、外で仕事をしている人、キッチンなどで火を使う人、スポーツをする人などです。
本人はもちろんですが、本人が気を使えない場合は周りの人が気にかけるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました