熱中症、日射病、熱射症の違いとは?定義や症状を解説!


ここ数年、真夏の猛暑の影響でよく聞くようになった熱中症。

でも少し前までは同じような症状のことを日射病、熱射病なんて言葉でも呼んでいたように思いませんか?

実はこの3つの言葉、ちゃんとした違いがあるんです。それぞれの定義や症状を解説します!

日射病とは、炎天下での運動が原因で起こる脱水症状のこと

晴れた空

“日射病”は炎天下で激しい運動や労働をして大量の汗をかいたことで起こる、脱水症状のことをいいます。

喉の渇き、食欲の衰え、めまい、吐き気などが主な症状として現れます。

このような症状が出たら、すぐに涼しい場所へ移動し十分に水分補給(水に少量の塩を加えるといいです)をしましょう。日射病の場合は大半がこれで回復します。

ですが、ここ数年の猛暑は馬鹿に出来ません。もし意識がもうろうとしている人がいたら、すぐに病院へ連れていきましょう。

熱中症とは、体温調節が出来なくなった事が原因で起こる様々な症状のこと

暑がる人
“熱中症”とは、高温多湿の環境に体がついていけず、体内に熱がこもり体温調節が出来なくなったことで起こる様々な症状の事をまとめていいます。

主にめまい、吐き気、体のだるさなどから始まり、症状が進むと体温が上昇、意識障害、けいれんなどを引き起こし、最悪の場合死に至る危険性があります。

屋内にいても高温多湿であれば熱中症になってしまうので注意しなければなりません。

熱中症は症状の度合いによりⅠ~Ⅲ度に分類されます。

Ⅰ度……めまい・筋肉痛、こむら返りなど。
Ⅱ度……大量の汗・頭痛・吐き気・嘔吐・倦怠感・下痢・判断力、集中力の低下など。
Ⅲ度……Ⅱ度の症状に加え、意識障害・けいれん・言動行動がおかしい・手足の運動障害など。このⅢ度の状態のことを熱射病ともいいます。

熱射病とは、熱中症の中で一番重度の症状のこと

体温計
“熱射病”は熱中症の中でも最も重症な状態のことをいいます。

この状態になると汗が出なくなり、体温は40℃以上にまで上昇、意識がもうろうとして呼び掛けに反応しなかったり、言動行動がおかしくなったり、体がけいれんしたりといった症状が起こります。

ここまでくると命に関わる危険な状態なので、救急車を呼ぶなどして一刻も早い処置を受けさせなければなりません。

呼び方は熱中症に統一!

日射病、熱中症、熱射病はそれぞれ明確な違いがありますが、これらの症状は現在は全てまとめて熱中症という呼び名で統一されています。

日射病、熱射病という言葉をあまり聞かなくなったのはこういう訳があったんですね。

熱中症にならないよう予防しよう!

水分補給
年々暑くなってきている日本の夏。何もしなくても熱中症になる危険があるほどの酷暑になってきているため、今までよりも更に体調管理に気を付ける必要があります。

①まずはこまめに水分補給をすること。喉が渇く前に飲む、ということを意識するとよりいいですね。大量の汗をかいたら塩分も忘れずに取りましょう。

②適度に冷房を使用することも大切です!節約は大事ですが、猛暑の時は無理せずにクーラーや扇風機を使いましょう。何事も体が資本です!

③この時期の運動は出来れば避けた方がいいのですが、どうしてもする場合は休憩を多く取るようにしてください。1時間に3、4回は取りましょう。少しでも異変を感じたらすぐに中止してくださいね!

④衣服は綿などの通気性の良いものがおすすめです。体にフィットするものではなく、少し余裕がある方が体の熱が逃げやすくなりますよ。

⑤疲れがたまっている人、寝不足気味の人は特に要注意です。体が弱っているので、普通の人より熱中症になりやすくなっています。よく食べよく寝て、疲れをためないよう健康的な生活を送りましょう。

今年も体調管理に気をつけて、夏を元気に乗り切りましょう!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました