土筆の読み方は?食べ方、料理方法なども調べてみました


春になると見かけるつくしですが、あまり詳しく知らないことも多いですよね。

今回はその食べ方やどんな栄養があるかなどについて調べてみました!

土筆(つくし)の読み方は?

土に筆と書いてつくしとよみます。見た目が筆が立っているように見えるためつけられた当て字です。

つくしという名前の由来は、スギナに付いているから、土を突いて地面から出てくるからなどと諸説あります。

土筆(つくし)の旬・時期は?

全国で収穫できるので、地域によって時期にズレは生じますが、おおよそ3月から5月の初旬頃になります。

土筆(つくし)の料理方法・レシピ紹介

ハカマの部分は繊維質で固くて食べられないので、しっかりと綺麗に取り除き、クタクタにならないようお湯でサッと茹でてアク抜きをきちんとしましょう。

収穫当日か遅くても翌日までに下処理まで済ませておけば、冷蔵や冷凍で数日間保存することが出来るので、便利です。
茶碗蒸しやパスタ、魚料理の彩り、他の山菜などと合わせてかき揚げなどにも使えます。一般的なものとしてはお浸しやつくだ煮、卵とじ、炊き込みご飯などが定番メニューと言えます。
少し苦味があるので、大人の味かもしれませんが、アク抜きをきちんとすれば美味しく頂けます。

土筆(つくし)のお勧めの食べ方

つくしは油との相性が良いので、野菜炒めや天ぷらなどに入れるのがオススメの食べ方と言えます。

土筆(つくし)の栄養素はどんなものがあるか?

ビタミンC、抗酸化作用のあるビタミン E、カロチンや食物繊維がたっぷり含まれています。
アルカロイドを多く含みますので1度に大量に食べるのは辞めておいた方が良いです。

土筆(つくし)のどこでとれるか?

春の時期の野原や田んぼ、畑の畦などでよく見かけます。スギナがあれば、その場所を覚えておくと春にはつくしになって収穫が出来るようになります。
奉仕を飛ばす前の、頭の部分の固く閉まっているものが美味しいとされています。
皆さんもぜひお散歩しながら探してみてください。お子さんと探してみるのも楽しいかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました