刈谷わんさか祭り2019年開催について調べてみました

刈谷わんさか祭りってどんなお祭りなのか、皆さんは知っていますか?また、行ったことはありますか?

私は東海地方に住んでいるのですが、刈谷までは少し距離があって、今までに何度か有名なサービスエリアなどに遊びに行ったことはあったのですが、お祭りはかすかに名前くらいは聞いたことがあるくらいの認識で、どんなことをやるお祭りなのか、いつごろ行われているかなど、ほとんど知識がありませんでした。

でも、お祭りというとりんご飴、わたあめ、たこ焼きなどの夜店がたくさん並んでいて、大きな花火が上がったりと、普段は味わえない楽しいひと時を味わうことができる、期間限定の夏の時期の大イベントですよね。

タコやき屋台

そこで、令和元年である2019年のお祭りはどんなものなのか調べてみました。

合わせてイベントの時に必ず気になる駐車場や、もちろん開催日時も載せておきますので、もう行ったことがあるよと言う方もまだの方もぜひ、参考にしてみてください。

まずは気になる、開催日時についてですが、今年の刈谷わんさか祭りは
2019年8月17日(土)に行われ、花火が上がるのは19時~20時15分までです。

お祭りの特徴は?

刈谷市で行われるイベントのうち一番大きなイベントがこの刈谷わんさか祭りで、昨年は15万人もの方が訪れた、大変人気のお祭りです。

前夜祭として、前日の金曜日の夜には市民盆踊り大会も行われ、市内はもちろん市外からもたくさんの人が参加します。

踊りの輪の中にはどなたでも入ることができますので、一緒に楽しみたい方はぜひ参加してみましょう。

フィナーレに行われる花火は、スターライトシンフォニーと言われる、音楽に合わせたタイミングで花火が打ち上がるという感動的なものとなっていて、毎年おおよそ7000発も上がりますので見応えがありそうですね。

どうやってアクセスすればいい?

お祭りが行われる会場は刈谷市築地町荒田1番地にある刈谷市総合運動公園です。

名鉄名古屋本線の「富士松駅」か「一ツ木駅」というところから徒歩20~25分程度です。
小さな子供や年配の方を連れていかれる方は特に、つく前に歩き疲れてしまうと楽しめないので、名鉄・JRの刈谷駅より運行している無料のシャトルバスを利用した方が良いかもしれませんね。

駐車場は?

お祭り会場に駐車場は無いので、近隣の駐車場に停めて、そこから歩きかシャトルバスに乗り換えて会場へ向かいましょう。

刈谷市民交流センター
刈谷市役所
デンソー本社
トヨタ車体本社

刈谷郵便局
野田公園
可能公園

など、周りに無料の駐車場があります。

なお、早いところでは朝9時から、通常でも午後1時ごろから交通規制がかかりますので移動の際は注意してくださいね。

・花火の場所取りは、前日の朝6時から行われるそうですが、いい場所で見ようと思うと、有料席の用意はないので自分で穴場を見つけるか、朝早くから席取りに並ぶかどちらかになりそうです。

穴場はあるの?

そこで、穴場になりそうな場所をいくつかピックアップしてみますので、チェックしてみてください。

①刈谷ハイウェイオアシス

愛知県刈谷市東境町吉野55

ここは人気のパーキングエリアで、観覧車、公園や遊具、温泉や足湯、買い物出来るお店などもあります。

私も何度か行ったことがありますが、小さな遊園地のようになっているエリアもあって、小さな子どもから大人まで楽しめる場所なので、ここに早めに来てゆっくり買い物をしたりお風呂に入ったりしながら過ごして、時間になったら足湯につかりながら花火を見るのも良いプランだなぁと考えました。

観覧車

②会場である刈谷市総合運動公園の対岸

会場のすぐそばに逢妻川という川が流れていて、その対岸は障害物もなく見晴らしが良いので花火がキレイに見られます。

③刈谷市かりがね小学校

愛知県刈谷市築地町2丁目15-1

地元の人には既に人気スポットの小高い所に建つ小学校です。

低い位置でがるものはあまり見られないかもしれませんが、高い位置で上がるものは十分見ることができます。

問い合わせ先……

お祭りについての問い合わせがある際は、この2つの問い合わせ先に聞いてみてくださいね。

①刈谷市観光協会

営業時間 平日8時30分~17時15分
TEL:0566-23-4100

②刈谷駅前観光案内所

営業時間10時~18時
TEL:0566-45-5833
公式HP:https://kariya-guide.com/

私はお祭りは好きなのですが、まだ下の子が小さくて迷子になってしまいそうなことと、小さい子が食べられるものがあまりなさそうだなぁと思って、まだ行けていないのですが、うちから行けない距離ではないので、子供たちを連れてみんなで今度行ってみようと思います。

普段なかなか食べられないものや味わえない楽しい雰囲気を味わえるだけでもテンションあがりますよね。

花火も公園で家族でやる手持ち花火とは違う大きな音や近くで見た時の地面の揺れる感じなども貴重な経験になりそうです。

花火

読んでくれている皆さんも、もし行けそうだったり、興味がわいたりしたらぜひ足を運んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました