玉ねぎ氷ってなんだ?作り方・レシピなどを紹介


皆さん、玉ねぎ氷ってご存知でしょうか?

玉ねぎが健康にいいことは今までにも各メディアで取り上げられてますが、普通の玉ねぎと『玉ねぎ氷』、なにか違いがあるのでしょうか?

その玉ねぎ氷、最近ではTVでも紹介され巷の認知度も上がってきてますが、『そもそも玉ねぎ氷って?』『どうやって作るの?』って方も多いかと思います。

そんな玉ねぎ氷についてのあれこれを調べてみましたので、ご紹介いたします。

玉ねぎ氷とは?

その名前の通り、玉ねぎを氷状にしたもの?ってのは何となく想像できますよね?
そうなんです!そのまんまです!玉ねぎと水で氷を作ります!
※詳しい作り方はのちほど紹介いたします。

なぜ凍らせるの?

凍らせることによって、普通の玉ねぎより何かよくなるの?と思われがちですが
どちらでも玉ねぎとしての栄養価には違いがありません。
健康効果の高いとされる玉ねぎも、毎日継続して食べるのはそれなりに手間もかかります。

そこで誕生したのが『玉ねぎ氷』です!
凍らせて保存しておくことで、普通の玉ねぎより使いやすくなり、
調理の手間をなくすことができます!

玉ねぎ氷の作り方

基本的な作り方です。
①材料はこれだけ!
・玉ねぎ1㎏(4~5個)
・水1カップ
これで製氷トレー2~3枚分になります。

②作り方
・まずは玉ねぎのあたま(トンガリ側)を切ります
・次に皮をむき、根っこ側を切り落とします
・電子レンジで20分加熱※そこそこ時間がかかりますので、電子レンジ対応の容器に入れたほうが安心でしょう
・玉ねぎから出た水分と一緒に、ミキサーへ
・水1カップを加え、ミキサーを回す
・ペースト状(とろとろ感)になったら別容器へとりだし、冷まします
・冷めたら製氷トレーで冷凍
簡単ですね!

玉ねぎ(氷)の健康効果

玉ねぎはありふれた食材ではありますが、健康効果が高いとされてます。
氷状にすることで毎日、簡単に玉ねぎをいただくことができますね。
健康効果には以下のようなものがわかっています。
・抗酸化作用
玉ねぎに含まれるケルセチンはポリフェノールの一種であり、それが体内の活性酸素を除去し、からだが錆びるのを予防します。
・血液さらさら
これはもう説明不要でしょう。玉ねぎ効果の代名詞みたいなものですよね。
硫化プロピルが血液をさらさらにしてくれます!
・コレストロールを下げる
抗酸化作用で紹介したケルセチンですが、小腸でコレストロール吸収をおさえる効果もあります。

玉ねぎ氷で健康維持を!

健康効果の高い玉ねぎを氷にすることで、簡単に摂取することができます。
毎日継続して、健康維持をめざしましょう!
また、お料理の幅もひろがりそうですので、いろんなレシピにチャレンジしてみては
いかがでしょうか?

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました