姿勢矯正はスマホ、パソコンを長時間操作する人だけ必要ですか?


一般の人々に携帯電話が普及し始めて既に20数年が経過し、無くてはならないアイテムになりました。

現在では高齢の方でもスマートフォンを使用し、写真撮影やLINE(ライン)などをしている姿も見られます。

スマホや携帯に限らずパソコンやタブレットも同様で、仕事や家族と簡単に連絡を取り合ったり、
調べ物をしたり、ネットショッピングを楽しんだりと、とても便利な世の中になりました。
ですが恩恵ばかりだけではなく、弊害も幾つか指摘され問題にもなっていますね。

その一つに「姿勢の悪さ」が挙げられます。

スマホに限れば殆どの人が画面を見る際に、「首を前に傾ける」姿勢をしています。
両腕もしくは片腕を目の上の高さまで上げて操作すれば、姿勢は悪くならないですが苦痛ですよね。

時間が長くなればなるほど、首や肩に負担が掛かり、後にコリや痛みが出る人も居ます。
それだけで済めば良いですが、クセになり常に姿勢が悪い状態になってしまうと、
歩く姿も可笑しくなったり、内臓にも悪影響を与えると、医師などは警鐘を鳴らします。

パソコンも同様で、キーボードの高さ、画面の大きさと距離、腕の伸ばし方等々、
数え上げれば切りがない位、自分に合った姿勢がとれているのか疑問です。

しかし今では仕事や生活に欠かせないツールとなり、そこを変えるのは難しいと思いますので、
姿勢を崩さない工夫や、姿勢が崩れたら治す事を考えて生活をするのが理想になるのではないでしょうか。

これはパソコンやスマホだけに限らず、当然他の理由で姿勢が悪くなる事も有りますので、
改善していかなければならない課題ですね。

では、姿勢が悪いとどの様な弊害が出るのか、どうしたら良い姿勢を保てるのか、
どんな工夫で姿勢を整える事が出来るか、良いツールは有るのか等を、改めて検証したいと思います。

【姿勢が悪くなる理由】

『驚きの事実も?』

姿勢が悪くなる原因ですが、日常生活の悪い習慣の中から幾つも出てきますので、
以下に思い付くものを挙げていきます。

・炊事、洗濯、掃除等の家事全般で、前屈みになる体勢が多い。
・赤ちゃんや幼児の抱っこやおんぶで無理な姿勢をしている。
・食事の際など椅子に座る時に、浅く座り背中を丸めた恰好が多い。

・畳や床に座る際、あぐらをかいている。
・腹ばいでテレビを見たり読書をしている。また横向きでテレビを見ている。
・勉強、読書など机に向かう時、椅子との高さのバランスが悪い。

・会社員の方などでバッグを持つ人は同じ手で持ち続ける、或いは同じ肩に紐等を掛け続ける。
・女性なら不慣れなハイヒールを履き、ぎこちなく歩く、または前のめりになりやすい。
・車を運転する時、座面と視界が合っていない。また、浅く座り背中が丸くなる。

・車を長時間運転する。ハンドルを持つ際腕が延びすぎる。或いは短すぎる。
・仕事で重い物を持ったり、移動させたりする。また両手を使わず片手で間に合わせる。
・しゃがまないで屈む事が多い。

・椅子やソファーに座る時に足を組む。

などなど、思い当たる事は沢山有る筈ですし、まだ、あれもこれもという動作も有ると思います。
最近ではタイトルや冒頭にも指摘している、パソコンやスマホ等の影響も多いですね。

また姿勢が悪くなる理由の一つとして、意外な事実も有りました。
或る整体師の方が「人は生まれながらに、首等の骨にズレが生じている」という事を言っていました。

どういうことかというと、生まれてくる時に産道から赤ちゃんの頭を引っ張る事が有り、
その際に首の骨にも相当の力が加わり、ズレる事もあるからだと。

実際に生まれたばかりの赤ちゃんの頭が変形している事も有るそうですが、
人間の回復力には計り知れない力が有り、数日から数週間、数ヶ月経つと然るべき形に戻ります。

個人差も有りますので、全ての赤ちゃんにズレが有るかというと判りません。

その様な意外な事実も含め、日常生活での何気ない悪い習慣が「猫背」や「巻き肩」といった、
見た目にも悪い姿勢になるのではないでしょうか。

もう一点よく言われるのが「骨盤のズレ」という事です。
これも日々の生活の中で偏った姿勢をとっているという動作によって、
前後左右にズレて、背骨や首にまで影響が出たり、内臓疾患の原因にもなると指摘されています。
やはり日常生活に大きな落とし穴が有るのですね。

【姿勢が悪いと、どんな悪影響があるのか】

『たかが猫背と侮るなかれ』

先ほどからも言っていますが「体調が悪くなる」事が第一に挙げられ最重要です。
代表として頭痛、肩凝り、腰痛が3大症状ではないでしょうか。
他にも、首痛、膝などの関節痛、目の疲れや痛み、便秘、自律神経の乱れなどを引き起こし、
重症になると呼吸が浅くなり脳への酸素が低下して、様々な脳障害を起こす事も有るそうです。

ダイエットするにも痩せにくくなります。
猫背などになる原因は悪い生活環境と密接な関係に有り、且つ運動不足による腹筋や背筋の衰えも加わり、
血行も悪くなって基礎代謝が落ち、痩せにくくなるという事です。

また、うつむく姿は精神的にマイナス思考にもなりやすく、
幸せな気分になりにくいという方も居るそうです。
他にも「肩を落とす」という言葉が有るように暗い感じになり、若々しさも失われていく気もします。
「病は気から」とも言われている様に、気持ちの面でも姿勢が悪いと身体に影響が出るのでしょうね。

辛い表情の男性

【姿勢矯正する便利グッズと整体院やジム】

『出来るだけ関節を動かそう』

姿勢を矯正する際ですが器具に頼る前に、日常生活の中で自分で出来る対策を考えてみましょう。

・バッグなどは時々持ち替える。
・椅子はひざを曲げた角度が直角か、やや低めの高さ。
※座った時にひざが座面よりやや高いのが理想です。
・あぐらよりも正座が理想です。

・ハイヒールは長時間履かない。歩くときには太ももに力を入れて、ひざを伸ばす様に。
・車の椅子や背もたれが合わない時は、クッションを入れたり、座面に固い本や板を敷くと良いです。
・足を組む場合は時々組み替える事ですね。

・仕事などで重い物を持つ際は、ひざを折ってしゃがみ、両手を使って均等に力を入れる事です。
※重量挙げの選手の恰好を思い出してください。こうすればぎっくり腰も予防出来ますので。
注意:決して自分で持ち上げられない様な重さの物はNGですよ。無理は禁物です。

その他では簡単なストレッチや、ラジオ体操も効果的だと思います。
なるべくお金を掛けずに、且つ簡単な方法でもあると思いますよ。


←判り易い解説の猫背矯正動画です。

『より効果的なグッズ』

自分の力でやったけど、どうしても限界が有って・・・と悩みのある貴方へお勧めの物等を紹介します。
以下の商品は「楽天」「アマゾン」「ヤフーショッピング」などでも購入出来ます。
※一部商品は購入店舗が限られますのでご了承ください。

■ボディメイクシート スタイル:男女兼用で普段の生活の中で、仕事、自宅で座る際に使用すれば、
簡単に「ながら矯正」出来る優れものです。

■マジコ姿勢サポーター:男女兼用の猫背矯正ベルトです。安心の日本製で「ながら補正」が出来て、
自然に腹筋、背筋が鍛えられ美しいボディラインになれます。

■クッション屋さんの円座クッション:オフィス、ダイニング、車の椅子に合わせられる低反発素材で、
カバー付きなので汚れたら洗濯も出来ます。

■背筋サポートインナー 女性用:手軽に出来る背筋矯正インナーで、女性に嬉しいバストアップ効果も。
初めは短時間からOKで、慣れて来たら少しづつ装着時間を延ばしてみてください。

■お医者さんの姿勢クッション:椅子の背もたれに付けるだけで、S字カーブを自然に体験出来て、
背筋がピタッと密着する事で美しい姿勢を保てます。

■ストレッチポール:これは意外に効きます!(自身の体験です)縦でも横でも説明書を見ながら、
一日10~20分でOK。ただ乗ってユラユラしているだけでも背筋等気持ちよくなります。

他にも様々な効果的な物が有りますが、自分に合いそうだなと思う物で体験してください。

またまた体験談ですが、日本古来の「さらし」も結構な効果が有り、実践している人も多いですよ。
左右の骨盤にしっかり巻いていくのですが、力を入れ過ぎないで巻くのがコツです。
※力を入れ過ぎるとキツくなるので加減しながら巻いてください。不思議と腰は楽になります。

腰の他にも足のひざにも効果がありました。
ひざの関節の上下を交互に巻いていくと、曲げ伸ばしがスムーズで痛みも和らぎ、
歩く時にはひざの負担が軽くなり、結構楽に歩けました。

『整体、ジムで矯正』

手軽な器具を使用し自分で治すのはとても良いが、続けられないなどの理由も出てきます。
そんな時に頼れるのが「整体院」や「ジム」「ヨガ」などです。

これは金銭的、時間的に余裕があればという条件も付きますが、
その道のプロに委ねますので、効果はより良く出てきます。
(中には失敗した!という所もチラホラと聞きますので、選ぶ際は慎重に)

整体師の中にも色々な施術が有り、首や腰の骨の矯正でボキボキやる先生もいれば、
一瞬の矯正施術で後は数時間寝ているだけ、といった方法もあります。

私事になりますが、
後者の施術を受けていまして、一瞬の施術で数時間寝ている、という先生に長年お世話になっています。
長年掛かるの?という言葉も有るでしょうが、症状に個人差が有りますので数回で治癒する方も居れば、
自身の様に十数年(数十年という方も)など長期に渡る場合も有ります。

施術を受けて直ぐに効き目が現れるかと思いましたが、1~3回目までは「ん?効いてるの?」と、
効果を感じられなくて暫く間を置いていましたが、1年後くらいに再度試みました。
その時は今までとは明らかに違った変化を感じ取る事が出来、それ以来お世話になっています。

指圧、マッサージ、鍼灸とはまた違うジャンルなのかも知れませんが、その人に合う合わないが有ります。
いくつも訪ねるのも良いのですが、時間や金銭的に負担が掛かります。
アンテナを伸ばして知人、友人などの口コミも集めれば、自分に合いそうだという先生に出会えるはずです。

全てに於いて「人間の自然治癒能力」を高めの補助に過ぎない、という先生も居ます。
針も良いでしょう、お灸も古くから効果を得ていますが、それだけでは根本の改善にはならない場合も有り、
やはり治すのは自分の身体なのだ、という意識も大切ではないでしょうか。

毎日の適度な運動やストレッチが如何に大切なのかが、改めて思い知らされた気がします。
姿勢を正せば「長時間歩いても疲れにくくなった」、「揺れる電車やバスで立っていてもふらつかない」等、
健康的な体型を維持出来て、無理なダイエットとも縁を切る事も可能です。

理想の姿勢で無理の無い生活をすれば、毎日充実してより良い人生を楽しめると思います。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました