絶対に防ぎたい「狂犬病」その感染経路や症状、予防方法について


狂犬病は怖い病気、という事は皆さんご存知の事と思います。

ただ普段生活している上ではあまり馴染みはなく、特にペットを飼っていない方にとっては詳しくは知らないけど危険な病気、という認識かもしれません。

そこで狂犬病とは実際どのような病気なのか、感染の原因や症状はどのようなものか、また予防方法やそれにかかる費用などについてまとめてみました。更に海外旅行に出掛ける方は必見の、狂犬病に注意しなければならない国々についての情報もあわせてご紹介します。

狂犬病とはどんな病気?


狂犬病とは犬だけでなく他の動物や人間にも感染する病気で、一度発症するとほぼ100%が死に至るという恐ろしい感染病です。

日本の発生率はどれくらい?

狂犬病は日本ではあまり馴染みがありません。それは1957年以降、日本国内では狂犬病が発生していないからなんです!

1950年に「狂犬病予防法」という法律が定められたことで、飼い犬の登録や予防接種の義務化、野犬の捕獲などで根絶に至りました。

例外として、海外で感染し日本に帰国後に発症、死亡者が出た例はありますが、日本国内の動物が原因の狂犬病というのは1957年以降は起きていないので、現在の日本の狂犬病発生率は0と言えるでしょう。

感染する原因と感染後に出る症状

人間の場合、狂犬病にかかった動物に噛まれたり舐められたりして、その唾液中のウィルスが傷口から体内に入ることで狂犬病に感染します。

潜伏期間はだいたい1ヶ月~3ヶ月で、この間は傷口が痛治療法はある?もし噛まれたらどうするべきか残念ながら、狂犬病を発症した場合の治療法は未だ見つかっていません。その為、噛まれた時は迅速な処置が必要になります。

もし噛まれてしまったら、まずすぐに患部を綺麗に洗い流しましょう。そして速やかに医療機関を受診してください。発症する前なら、ワクチンを接種して発症を防ぐことが出来ます!

また、たとえ狂犬病の予防注射がしてある犬だったとしても、他の感染症を引き起こす恐れもあるので噛まれた場合は必ず受診するようにしましょう。昔私が犬に噛まれた時は傷にはなっていなかったのですが、大事をとって病院へ行ったら破傷風の注射をされたことがありました。

絶対に防ぎたい!狂犬病を予防するには?


狂犬病の予防方法としては、やはり予防接種が有効です。また予防接種が済んでいるか分からない動物との接触を避けることでも感染を防ぐ事が出来ますね。

予防接種は任意!どこでできて、費用はどのくらい?

飼い犬への狂犬病の予防接種は年1回受けることが義務づけられていますが、人間の場合は任意です。日本にいるなら必要はないかもしれませんが、海外に出掛ける予定がある方は接種を検討しましょう。

狂犬病の予防接種はどの病院でも受けられるわけではありません。厚生労働省検疫所(https://www.forth.go.jp/moreinfo/vaccination.html)で予防接種が可能な病院の検索が出来ま
す。ここに登録されていない場合でも受けられる可能性があるので、かかりつけの病院に狂犬病の予防接種が出来るかどうか一度問い合わせてみるといいでしょう。

また、予防接種は3回に分けて受けるのが基本的です。遅くても出国する1ヶ月前には初回の接種を受けるようにしましょう。

料金は1回あたり15,000円。(中には12,000~13,000円代で受けられるところもあります)3回打った場合の合計金額はおよそ45,000円となります。結構高額ですよね……。

ですが、もし接種せずに外国へ出掛け動物に噛まれてしまったとなると、現地でワクチンが接種できる医療機関を探さなくてはなりません。特に狂犬病は早めの対処が必要になるので、そのリスクを考えると日本であらかじめ接種していった方が安心できます。

海外旅行の際、予防接種を受けて行くべき旅行先は?


現在日本では根絶しているものの、世界では毎年狂犬病によって、五万人の人々が亡くなっていると言われています。

特にアジア、アフリカ、南米で多く発生していて、この地域を訪れる予定のある方は前もって予防接種を受けていくことをおすすめします。特に年間の死亡者数が多いインド、中国に行く場合は必須ですよ!

反対に狂犬病が根絶したと厚生労働省が指定している国々は、日本の他にオーストラリア、ニュージーランド、グアム、ハワイ、イギリス、アイルランド、スウェーデン、ノル
ウェー、アイスランドなどです。

まとめ

狂犬病はとても恐ろしい感染病ではありますが、予防することが十分に可能です。日本では感染の心配はありませんが、海外へ旅行する際には予防接種を受けて感染を防ぐようにしましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました