海の公園の潮干狩り!今年2019年を楽しむためには?!

アウトドアのこと

ここ最近本当にあったかくなってきて、潮干狩りシーズンが到来しましたね。

先日、会社の同僚の方から横浜八景島シーパラダイスの隣にある海の公園を紹介されました。

通常、潮干狩りは100グラム何円とかのとった貝に対して、お金を払って持ち帰るのですが、
海の公園の潮干狩りでは、いくらとっても無料なんです!

それを知っていてか、同僚は毎年そこへ潮干狩りに行っていたそうです^^

そこで海の公園へ潮干狩り2019バージョンと称しまして、調べてまとめてみましたのでご覧くださいね。

海の公園ってどこ?

海の公園
海の公園は前述した横浜八景島シーパラダイスのすぐ隣にある公園です。

電車で八景島シーパラダイスに行ったことがある人は経験あるかもしれませんが、金沢シーサイドラインの八景島駅を降りてシーパラダイスへ渡る橋の手前側が海の公園です。

金沢シーサイドラインの次の駅の海の公園柴口駅、その次の駅の海の公園南口駅まで広がる大きな公園です。
横浜市内でも唯一海水浴場がある海浜公園なんです。

海の公園
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/park/uminokouen/
〒236-0013 神奈川県横浜市金沢区海の公園10番
045-701-3450

海の公園は何で行けるの?

金沢シーサイドライン3つも駅に隣接していて、八景島駅、海の公園柴口駅、海の公園南口駅からそれぞれたった徒歩3分なので電車で行くのも可能です。

人数がそれなりにいて、荷物を分散してもてるのなら、電車で行くのもいいかもしれませんね。

小さい子連れやそれなりに装備にこだわりたい方はやはり車で行くのが得策かもしれません。

車の場合は横浜横須賀道路の並木ICを降りて約3キロ弱で首都高速湾岸線の幸浦ICからなら約2キロです。

時間帯によっては高速道路が混むので、早めに行動を心がけたいですね。

海の公園の駐車場はあるの?

駐車場は3つあります。

・海の公園 柴口駐車場(E駐車場)
こちらは八景島駅近くの駐車場です。
4時~22時 普通車 1,064台、バス 11台

・海の公園 磯浜駐車場(F駐車場)
こちらは海の公園南口駅から南にちょっと歩いたところにある駐車場です。
4~22時 普通車 362台

・海の公園 臨時駐車場
こちらは海の公園柴口駅から西へちょっと歩いたところにある駐車場です。
混雑時にしか空かなく営業時間もとても短いです。
8~15時 普通車 262台

※いづれもバイクは利用不可のようです。
※料金は1時間310円、駐車後12時間最大1,550円(12時間以降は1時間310円)

収容台数はかなりある方ですが、イベントにかぶったりシーパラダイスのお客さんが多かったりで駐車場が確保できないのは嫌だという方は、近隣の駐車場予約サービスを使うのもアリかと思います。

※特にトップシーズンの3月下旬から6月ごろ(GW前後や土日)と潮干狩り可能日が重なる日は満車になる可能性が大きいので、予約サービスを使うのがいいかもしれません。

正規駐車場より比較的安価で止めれるのも特徴です。

あきっぱで駐車場予約!
リンク先で「地名・施設名で検索!」のところに「海の公園」と入れて検索すると近い順に予約できる駐車場が一覧出てきます!

得Pで駐車場予約!
リンク先で「現在地」のところに「海の公園」と入れて検索すると地図で予約できる駐車場が出てきます!

軒先パーキングで駐車場予約!
リンク先に「海の公園」の駐車場リストと地図が出てきます!

取れる時期はいつ?

取れる時期は3月から8月までです。潮干狩りのトップシーズンは3月下旬から6月ごろです。

公式ホームページで潮干狩りが出来る日と干潮時間が書いてありますので、それを参考に前後2時間程度を目安に現地に到着するようにしてみましょう。

[海の公園]潮干狩り
潮干狩り ※今年(令和3年)はアサリの発生量がとても少ない状況です。収穫が難しく...

2019年のGWだと、後半の5月3日から6日までが潮干狩り可能な日のようですね!

海の公園は何の貝が取れるの?

海の公園で取れる貝の種類は

・アサリ
あさり
・シオフキ

・カガミガイ

・マテガイ
マテガイ
の4種類です。

見分け方はアサリは黒と白の縞模様で横の線と縦の筋がくっきりしています。
シオフキは赤褐色の色で横縞模様となっています。
カガミガイは白色の貝です。
マテガイは竹の筒状になっている貝です。

※シオフキとガガミガイはアサリより塩抜きが大変なので、アサリとマテガイを中心に獲るといいと思います。

潮干狩りのルールでは2センチ以下の稚貝は獲ってはいけないので、海に返してあげてください。

一人で2キロ以上は持ち帰えりはNGなのでご注意ください

海の公園の潮干狩りで何を用意すればいいの?

潮干狩りでの持ち物は?

潮干狩りで必要な持ち物はまず潮干狩りの道具です。

・熊手(15センチ以上は不可)
・バケツ
・洗うためのザル
・軍手
・ゴム手袋
・2リットルペットボトル
・食塩(マテガイ用)
・塩入れボトル(マテガイ用)

格好
・マリンシューズ
・アームカバー
・トレンカ
・水着
・サーフパンツ
・ネックカバー
・ラッシュガード
・サーフハット
・フードタオル
・サングラス
・汗拭き用タオル

着替え
・下着
・上着
・履き替えの用の靴、サンダル
・タオル

あれば便利な物
・ウォータープルーフ日焼け止め
・ターポリンバッグ
・ペットボトルホルダー
・防水ケース
・ジップロック
・水仕事用バンドエイド
・レジャーシート
・ポップアップテント

保存用
・クーラーボックス
・保冷材

潮干狩りの当日のスケジュールをどう立てる?

車で行く場合

1.前日用意
・持ち物チェック
・朝に着る服をチェック
・しっかりと睡眠
・当日のスケジュール確認

2.出発
・混雑を予想して時間に余裕を持って出発
・始めから潮干狩りの服装で出発する
・干潮の時間前に到着するのか?第一陣が終わった頃を見計らって到着するのか?

3.海の公園駐車場到着
・潮干狩りが出来る水位になるまでまだ時間があれば車内で休憩
・潮干狩りのカッコに着替える
・駐車場と潮干狩り会場が遠ければ砂浜にレジャーシートやポップアップテントを立てる

4.潮干狩り開始
・日射に注意しながれ潮干狩りを始める
・アサリ中心の取る
・マテガイ獲りも面白い^^

5.潮干狩り終了
・たべれる量を取れたので、潮干狩りを終了する
・ざるである程度砂を取る
・ペットボトルに海水を組む

6.撤収
・レジャーシートやポップアップテントを片付ける
・足洗い場で足を洗って靴を履き替える
・車で着替える

7.帰路につく
・そのまま八景島シーパラダイスで遊ぶ?
・寒かった場合は帰り道のスーパー銭湯に寄る。
・横浜・みなとみらい方面へ向かう

8.帰宅
・砂抜きをする
・調理して食べる

獲った貝はどうする?

・潮干狩り場では
(獲った場所で)
獲った貝は砂がいっぱい付いているので、持って行ったザルを使って海水で表面の砂を洗い落とします。

(水道のある場所で)
次に真水で貝を洗います。

アサリを真水に入れておくと死んでしまいますが、魚や貝の表面についている菌を洗い流すことができるほか、アサリが真水を嫌がり口を閉ざしてしまうので、新鮮さを保つことができるんです。

(車クーラーボックスのある場所で)
次に水気を切って新聞紙に包み、レジ袋に入れ、クーラーボックスで保冷します。

(家に帰って)
再度、アサリを水道水の真水でザルの上でジャバジャバあらい、ぬめりと砂をしっかりと洗い落とします。

そのあとに汲んできた海水で砂抜きをします。平らなザルで底上げしてアサリがひたひたになるぐらいに海水をはって、暗くなるように新聞紙をかぶせます。

1時間ぐらい

そのあとに調理します。

そのあとは、お好みで調理しましょう^^
・アサリの酒蒸しや
・アサリのアヒージョ
・アサリのパエリア
など色々と楽しめますよ^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました