これからの時期に要注意?溶連菌ってどんな病気?症状などは?


去年くらいにうちの子供の保育園で、何人かこの病気でお休みの子がいて、うちの子ももらってきてないかなぁと心配していた時期がありました。

保育園や幼稚園、小学校などに通って、集団生活をしていると、何個かよく耳にする病気があって、流行する時期もそれぞれ違うので、何が何だかよく分からなくなってしまいます。

熱などの症状は色々な病気に共通するので、どの病気なんだろうと不安になりますよね。

そんな溶連菌について調べてみました。

溶蓮菌とはどんなものか?

秋頃と4~5月くらいの春頃が流行する時期で、ピークは2回有ります。正式名称は、溶血性連鎖球菌と言います。

その中でも種類が2つ、α溶血とβ溶血で、鼻やのどの粘膜に感染する細菌です。

潜伏期間は短めで、おおよそ2~5日ほどです。

大人でもかかる感染症なのですが、主に2~10歳くらいの子供が患者の大半を占めています。

1度かかって治っても、またかかる病気です。

どんな症状?

症状には個人差がありますが、主なものは次の6個です。

1.熱が出る。
2.喉が痛くなる。
3.発疹がでる。

4.舌に赤いブツブツができる(いちご舌)
5.体がだるい、頭が痛い。
6.首のリンパ節が腫れる。

咳や鼻水はあまり出ませんが、腹痛や吐き気がしたり、下痢をするという症状もあるようです。

風邪や、インフルエンザ、手足口病など他の感染症と似た症状がたくさんあるので、検査をしないと診断は難しいようです。

ほかの検査で、みなさんもやられたことがあるかもしれませんが、大きめの綿棒のようなものを口に入れて、検査に必要な粘膜を拭ってとるだけなので、痛みもないですし簡単に出来ます。

検査結果もだいたい20~30分程度でわかりますので、これくらいの時期に風邪かなぁと思える症状があれば、1度念の為病院に行きましょう。

医師

いつまで休めばいいの?

溶連菌に感染していることが分かると、抗生物質が処方されます。

この薬を飲み始めて丸1日、丸々24時間経つと人にうつることはほとんどありませんので、病院を受診した当日とその翌日まで休めば、それ以降は学校や保育園などに通っても大丈夫です。

注意してほしいこと

抗生剤全般に言えることですが、途中で症状がなくなったりして病気が治ったと思っても、途中でやめずに処方された分は必ず全て飲みきってください。

薬の錠剤

最低でも10日ほどは薬を飲まなければなりませんが、きちんと薬を飲めば2~3日で症状は治まりますが途中でやめてしまうと再発してしまう可能性があります。

また、この病気で一番注意が必要なのは、治ってから2~3週間後にまた別の病気にかかる可能性があることです。主なものは次の2つです。

・リウマチ熱・・・3歳未満で起こることはまれで、5歳から18歳ぐらいの子供に起こることが多い。症状は様々で、高い熱が出たり、心膜に炎症が起こったり、お腹が痛くなる、頭痛、体がだるい、食欲がない、関節が痛くなる、発疹が出るなどの症状があります。

・腎炎・・・むくみが出たり、黒っぽい血尿が出たり、頭痛がしたりします。外から見ただけでは判断が出来ないので、溶連菌が治ったと思ってから約1ヵ月ほどした頃に病院で尿検査を受けてください。

元々アトピー性皮膚炎にかかっているお子さんは、重症化する危険性があるので、特に注意が必要です。

治ったと思っても気を抜かずにしばらくの間は気をつけて様子を見てあげてください。

予防方法は?

感染経路は飛沫感染と接触、感染の2つなので、予防方法は以下の通りです。

①手洗いうがいや、消毒をこまめにする。

消毒に有効なのは消毒用エタノール、次亜塩素酸ナトリウムなど、薬局で売っている消毒剤のうちだいたいのものは大丈夫です。

②外出時はもちろん、家族に感染した人がいる場合は、家の中でもマスクを必ず着用して、うつさない・うつされないようにする。

子供のマスク

③タオルや洗面用品、箸やコップなど、他の人と一緒に使うことをやめて、1人1人違うものを使用し、間違えて他の人が使ってしまわないように目印をつけるなど、工夫する。
まとめ………

どんな病気でも共通して言えることだと思いますが、病気になっているかどうかは、症状の出ない潜伏期間もあるので、見た目ではわかりません。

普段から、コップや箸、タオルなどはそれぞれ専用のものを作ってそれを使う決まりにしておくのが良いと思います。

うちは上の娘のコップはキャラクター物で彼女専用にして、下の娘はまだコップでは1人で上手に飲めないので、ストローマグを専用にして使っています。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました