ウルトラ蒸ししょうがとは?その効能やレシピをご紹介!


テレビなどで紹介されたこともある、ウルトラ蒸ししょうが。

基礎体温UP&免疫力向上、更にはアンチエイジング効果やダイエット効果などもある、まさに最強なウルトラ蒸ししょうがの効能や作り方をご紹介します。

ウルトラ蒸ししょうがとは?

しょうが
ウルトラ蒸ししょうがとは、“蒸したしょうがを更に乾燥させた物”を言います。見た目は黒っぽく柑橘系の爽やかな臭いがして、生しょうが以上に辛くなっているのが特徴です。

どんな効果がある?生しょうがと比較!


しょうがは体を温めると聞いたことがありますが、これは半分合っていて半分間違っています。

生しょうがには“ジンゲロール”という成分が含まれており、これは指先など末端神経を温めるのには有効ですが体内は逆に冷やしてしまうそうです。

しかし、しょうがを蒸したり乾燥させると“ジンゲロール”が変化し、“ショウガオール”という体の内側から温めることが出来る成分になるんです!その為、蒸す&乾燥させるウルトラ蒸ししょうがはしょうがの持つパワーを最大限まで引き出したものと言えるでしょう。

体内で熱を生み出すので、基礎体温が上がり免疫力の向上や冷え性の改善も期待出来ますよ!

更には脂肪を燃焼しやすくさせたり、抗酸化作用もある為、ダイエットやアンチエイジングの効果もあります。摂取を始めてからおよそ1ヶ月程で効果が実感出来るようになります。

まずは継続してみましょう!

ウルトラ蒸ししょうがの作り方&保存方法!

それではウルトラ蒸ししょうがの作り方をご紹介します。

1、よく洗ったしょうがを皮は剥かずに1ミリ程の厚さに切る。この時、繊維に沿ってスラ
イスするといい。
2、蒸し器に布巾やキッチンペーパーなどを敷き、そこへしょうがを重ならないように並
べ、30分程蒸す。徐々に柑橘系の爽やかな香りがするようになる。最後に甘い匂いになっ
たら火を止め、蒸し器から取り出す。
3、ザルなどにしょうがを重ならないように並べ、天日干しなら1~2日程度、室内なら1週間程度干す。パキッと割れるようになれば完成。

ここでもう一手間加えて、ミキサーやすり鉢を使ってパウダー状にするとより料理に使いやすくなりますよ。

出来上がったらジッパーなどに入れ、冷暗所で保管しましょう。約3ヶ月間保存できます。

低温だと風味が落ちてしまうので、冷蔵庫はおすすめできません。また湿度が高いとカビが生えやすくなるので注意してください。

ちょっと面倒だな~なんて方や蒸し器がないという方は、ウルトラ蒸ししょうがは市販もされているのでチェックしてみて下さいね。

摂取量に注意!

たくさんの効能が期待できるウルトラ蒸ししょうがですが、たくさん摂取すればいいというわけではありません。

ウルトラ蒸ししょうがは辛味成分が生しょうがよりも大幅に増えているので、たくさん食べてしまうと消化器官を刺激し胸焼けなどを起こす可能性があります。

1日の摂取量は多くても3グラム以下にとどめておきましょう。

ウルトラ蒸ししょうがはどんな料理に使える?

まず、しょうがを使って体を温めると言ったら、定番の飲み物「しょうが湯」があります
ね。細かくしたウルトラ蒸ししょうが(2グラム程度)とお湯とハチミツで簡単につくれます!是非一度試してみて下さい。

他にもお茶や味噌汁に加えてもいいでしょう。鍋料理なら4グラム程度足してOKです。基本的にしょうがが合う料理ならウルトラ蒸ししょうがも使うことが出来ます。特に温かい料理とは相性抜群!反対に冷たいものと合わせると、その効果が半減してしまうこともあるので注意しましょう。

体を温める食材には他にもこんなものが!

しょうが以外で体を温める食材というと、ニンジン、玉ねぎ、カボチャ、ゴボウ、ネギなどがあります。

見分ける方法としては、冬に旬を迎えたり、寒い場所で取れる物、土の中で育つ物です。暖色系の色をしている食材も多くが体を温める働きがありますよ。

しょうがはどうしても苦手という方は、これらの食材で体の芯から温めるようにしましょう!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました