ワインの初心者は必見!おすすめワインや基本から詳しく解説

お酒のこと

世界中で飲まれているメジャーな酒といえば、ワインの名が挙げられます。

我々の住む日本でも認知度も高く、熱狂的なファンも多い酒となりました。

世界的なソムリエ(田崎真也氏)も誕生しましたしね。

ワイン

その立役者の一つとして「ボージョレ・ヌーヴォー」が挙げられると思います。

ワインに興味有る人なら「ああ11月に解禁になるやつね」と、判るかと思いますが、
それ以外の人は「何となく聞いた事ある」くらいでしょうか。

スポンサードリンク

毎年9月頃から、テレビなどのメディアでも騒ぎ始めたりもして、
酒屋はもとより、今ではコンビニ、スーパー等、
酒を取り扱っている店では「ボージョレ・ヌーヴォー予約受付中」と、
書かれたポスターが張り出されたり、のぼり旗なども立っています。

ではその「ボージョレ・ヌーヴォー」とは、どんなワインなのでしょうか?
またワインとは、どこで造られて、どんな種類が有る酒なのか?
改めてそう聞かれると「う~ん・・・」となりますよね。

また、ワインの大きな特徴として「同じ銘柄でも年により価格が違う」ワインが有るという事です。
全てのワインがそういう訳ではありませんので、そこは勘違いしないでくださいね。

まず原料であるブドウの出来、不出来が大きく影響し、
その出来映えには「気候」にも大きく影響されます。

気候が順調で良いブドウが出来る条件が揃い、
尚且つ醸造技術が噛み合った時、偉大なるワインの誕生となり、
価格も高くなったりするのです。

同じ醸造酒で日本酒が有りますが、日本酒の原料である米にも出来、不出来は有ります。
しかし、日本酒の価格は毎年変わるでしょうか?いえ、ほぼ変わりません。
そこがまたワインの難しいところであり、楽しいところでも有るのです。

日本では日本酒や焼酎、それよりも取り敢えずの、ビールがまだ大勢を占めていると思います。
一時の大ブームは去ったかも知れませんが、まだまだ根強いファンも居るワインの事を、
初心者の方も少しでも興味を持てば、新しい世界が待っているかも知れません。

フレンチやイタリアンに限らず、中華でも和食でも、
いや何でも合うオールラウンドプレイヤー的なワインで、
食事や仲間達とのパーティーなどで、ちょっとお洒落な一時を楽しんでみませんか?

ワインの種類は?

ワインと言えば「フランス」が有名ですが、
生産量世界一は「イタリア」で、ブドウの栽培面積世界一では「スペイン」となっています。
では何故フランスが有名なのでしょうか。

一番の理由は「独自の厳しいワイン法(AOC法)」を定め、ワイン品質の維持、管理及び向上に、
政府を挙げて取り組み、ワイン文化を保っているからなのです。

その様な取り組みの積み重ねにより、
「ロマネ・コンティ」とか、「ドン・ペリ(ドン・ペリニヨン)」とか、
どこかで一度は聞いた事のある、ワインが世に出てきたのです。

今では欧州や米国などの北半球だけに限らず、
チリ、豪州、南アフリカ等の南半球でも良い酒質のワインが多々有ります。
勿論日本でも世界に認められている銘柄も有りますよ。
ですが、ワイン大国フランス、を代表例にして進めていきたいと思います。

ワインを解説する前に、今後のために少し豆知識を。

酒は原材料が「穀物か、果実か」、また製法が「醸造か、蒸留か」の、
大きな意味で4つのタイプに分類されます。
※醸造とは、発酵作用を利用しアルコール飲料(酒類)や、
その他の食品(醤油等)を製造することを指します。

その中でワインは「果実」が原料の「醸造酒」になります。
日本酒は、「穀物(米)」が原料の「醸造酒」になります。

「蒸留酒」を作るためには、まず「醸造酒」を作り、それを蒸留する必要があります。
ワインを蒸留して出来る酒が「ブランデー」で、
「焼酎」は麦や、芋、米などの穀物を、麹で発酵させ醪(もろみ・注)を造り、
その醪を濾過し、蒸留して造ります。

注)醪とは、日本酒でいえば製造工程で出来る「発酵させた液体」で、米と酵母で酒母(しゅぼ)を造り、
更に米を数回仕込む工程で、発酵してくる状態を「醪」と言います。
ウイスキーやビールは、麦汁(ばくじゅう・大麦麦芽を糖化させた液体)を発酵させ、醪を造ります。
蒸留するのでアルコール度数は高くなる特徴が有ります。

先ずはワインの種類からですが、大きく分けて4種類になります。

『1.スティル・ワイン』

非発泡性の(泡の出ない)ワインで、一般的にワインと呼ばれている物の正式名称ですが、
わざわざ「スティル・ワインください」と、言わなくても「ワイン」だけで問題ありません。
赤、白、ロゼ、と分かれ、アルコール度数は約9~15度の物が多いです。

白ワインとロゼワインは「甘口、辛口」という表現(表示)をしますが、
赤ワインだけ「ライトボディ」「ミディアムボディ」「フルボディ」という表現(表示)になります。
意味合いは下記に記載してありますので参考にしてください。

最近の安価な赤ワインは「甘口、辛口」、たまに「中口」という表現(表示)をする物も有りますが、
日本専用の物とか、一部国産ワインに多く見られる傾向です。

甘口、辛口はその名の通り、甘いか辛い(酸っぱいとか、渋い表現)ですが、
赤ワインの表現は、香りや酒質のバランスの重厚度を表す感じです。

「ライトボディ」=香りは華やかで弱め、酸味・渋みが少なく、軽いテイストで飲みやすい。初心者向け。
「ミディアムボディ」=香りを含め、全体的にライトボディより強く苦みも加わる。初心者にもいける物も有り。
※このタイプが一番料理と合わせ易いと思います。
「フルボディ」=香りは穏やかながら強め。酸味、渋み、苦みのバランス良いが、全体的に重厚な感じ。
香りの特徴として「ナッツの様な」「スパイシー」など独特の表現がされる物が多いです。

判り易く言えば、口に含んだ時に感じるアルコール感、中身の濃さ、喉越し、そして余韻、
これらが、「飲みやすければ」ライト、「軽くはないね」でミディアム、「これは濃厚!」でフル、
といった感じで覚えておけば良いと思います。
(そこが簡単ではない、という方も居るのは事実ですが、これは習うより慣れろですね。)

「代表的な産地、特徴と代表銘柄など」

フランスでは主に以下の7つの産地が有名です。

「1.ボルドー」

・フランスワインの2大生産地として南西部に位置し、長期熟成型の赤ワインを造る事で知られます。
ボトルはいかり肩が特徴で、製法の最大の特徴は「数種類のブドウ品種をブレンドする」という事です。
そのブレンドする比率が肝で、醸造責任者に全てゆだねられます。

生産されるワインのほとんどが赤ワインで、主に使用するブドウ品種は、
「カベルネ・ソーヴィニヨン」「カベルネ・フラン」「マルベック」「プティ・ヴェルド」「メルロ」です。
ワインの特徴は、はっきりしたアタック(注)と渋みが強い事。
また熟成することで渋みがまろやかになったり、更に華やかな香りに変化することも。

(注)アタックとは、簡単に言えば「ワインを口に含んだ時の第一印象」
甘味、酸味等の輪郭が出るか出ないか。

格付けはブドウ畑の所有者(シャトーと呼びます)ごとにあり、その中のトップクラスのワインが、
世界最高峰クラスといわれる「5大シャトー」といわれます。

「マルゴー」「ラフィット」「ラトゥール」「ムートン・ロートシルト」「オー・ブリオン」が該当し、
ワインを愛する人達にとっては、この5大シャトーは永遠の憧れかも知れません。
※全ての名前の前に「シャトー」が付きます。

近年では「シャトー・ペトリュス」「シャトー・ル・パン」も高級ワインの仲間入りをしています。
どれか一つくらいは聞いた事もある名前ではないでしょうかね。
「マルゴー」は、ドラマ等で聞いた事があるかも知れませんよ。
それらワインの価格は他のワインより多少、いえ、かなり高価で取り引きされています。

「2.ブルゴーニュ」

・もう一方の偉大なワイン生産地で、パリの南西部に位置し、
赤ワインと白ワインで、世界最高峰クラスのワインを多々生産しています。

ボルドーとの違いは、なで肩の柔らかな丸みを帯びたボトルと、
ブドウ品種をブレンドするのではなく、単一品種のブドウを使用し造られているところです。
主に使用するブドウ品種は、赤ワインは「ピノ・ノワール」、白ワインは「シャルドネ」です。

ワインの特徴は、赤ワインは鮮やかなルビー色と、
ボルドーよりも、渋みのタンニンという成分が柔らかに感じられ、
時間が経つと共に香りが広がるので、じっくり味わうことがお勧めです。

白ワインは、美しい黄金色の色味と、濃い独特の香りと力強い味わいが特徴です。
格付けは土地や生産者の個性が強く出るため、畑ごとにされます。

「グラン・クリュ=特級畑」「プルミエ・クリュ=一級畑」等と呼ばれます。

代表的な銘柄として、
赤ワインが、「ロマネ・コンティ」「シャンベルタン」「リシュブール」「ラ・ターシュ」等で、
白ワインが、「モンラッシェ」「コルトン・シャルルマーニュ」等が有名ですね。
特に「ロマネ・コンティ」は、超が付くほど有名で、価格も驚きですよ。

「3.ロワール」

・フランス一の全長およそ1,000kmのロワール川の流域に、産地が広がっています。
古城などが有り、世界遺産にも登録されている景観が見られる地域です。

石灰質や粘土質など多彩な土壌が有るのが特徴で、
ボルドーやブルゴーニュの様に、有名で高価なワインは余り聞かれませんが、
赤、白、ロゼ、辛口、甘口、スパークリング・ワインと、
豊富な種類のワインが、高品質に造られている個性的な産地です。

代表的な銘柄として、
赤ワインが、「シノン」、
白ワインが、「プイィ・フュメ」という、辛口ワイン、
ロゼワインが、「ロセ・ダンジュ」等が有名で、価格もお手頃です。

「4.アルザス」

・フランスの北東部、ドイツとの国境近くに位置する産地です。
気候がフランスのワイン産地で最も寒く、ドイツに似ているため、
栽培されるブドウ品種もドイツの代表的な「リースリング」を使用したワインが多いです。

香りが豊かな白ワインが多い、ボトルが細長くて緑色な所はドイツワインにそっくりですが、
味わいが、ドイツ産は甘口が多いのに対し、アルザスではすっきりした辛口がほとんどなのですね。
また、生産されているワインの約93%が白ワイン、赤ワインは約3%と、
極端に白ワインに偏っているのもアルザスワインの特徴と言えます。

代表的な銘柄として、
白ワインの、「リースリング」と、「ゲヴェルツトラミネール」と、ブドウ品種名の付いたワインです。
※単一ブドウ品種で造られるワインが多いので、そのブドウ品種の名の付いたワインがお勧めです。

「5.コート・デュ・ローヌ」

・フランス南東部のローヌ川流域に、南北に延びた土地で生産されたワインは、
国内3位の生産量で、南北で味わいが大きく異なるのが特徴です。

北部の「シラー」というブドウ品種を使用した赤ワインは、色が濃くスパイスの効いた濃厚な味わいで、
南部では「グルナッシュ」というブドウ品種を中心に、複数のブドウをブレンドした果実味たっぷりの、
豊潤な味わいのワインが多く造られています。
価格もお手頃価格のワインが多く、フランス国内でも愛されています。

代表的なワインとして、
赤ワインの、「シャトー・ヌフ・デュ・パプ」が挙げられます。
南部で造られたこのワインは、知名度の割に価格はお手頃となっています。

「6.シャンパーニュ」

・フランスでは最北のワイン産地となり、なんと言っても「シャンパン」が有名な産地です。
先ず呼び方ですが、フランス語読みで「シャンパーニュ」と、地方と同じですが、
英語読みでは「シャンペン」となります。

日本語読みでは、確か昭和の時代では「シャンペン」と、いう言い方が主流だった様な気がしますが、
最近?では「シャンパン」が大勢を占めていると思います。

フランス最北の産地のため、涼しい気候と石灰質の土壌が特徴で、
栽培されるブドウはシャンパン造りに適した物が多く出来ます。

今や世界的なブランドとして確立されているシャンパンですが、
「シャンパーニュ地方で収穫されたブドウのみを使用し、瓶内二次発酵を行う等のシャンパン製法で、
その地域だけで生産されたスパークリング・ワインのみがシャンパンと名乗れる」と、
厳しい規定が有ります。

ブドウ品種も決められていて、「シャルドネ(白系)」「ピノノワール(黒系)」「ピノ・ムニエ(黒系)」の、
主にこの3品種で造られているのが大きな特徴とも言えます。
主に「白」と「ロゼ」で占められていて、ほとんどが辛口となっています。

繊細で品の有る味わい、きめの細かやかな泡立ちは、
他では真似出来ないほど、熟練された手作業のたまものなのですね。

代表的な銘柄として、
「ドン・ペリニヨン」「モエ・エ・シャンドン」「クリュッグ」「ヴーヴ・クリコ」
「ポメリー」が挙げられます。

「ドン・ペリニヨン」(通称ドン・ペリ)は、高級クラブ等では必須のシャンパンですよね。
白も高価ですが、ロゼの通称「ピン・ドン」は、白の上をいく価格です。
上記以外にも、聞き慣れないけれど隠れた銘酒や、これら以上に高価な物が有ります。

moet

「7.ラングドック&ルーション」

・スペインの国境に至る、南フランス沿岸地域で、ボルドー、コート・デュ・ローヌ地方を抑え、
フランス国内最大の生産量を誇る主要なワイン生産地です。
最大生産地でいても、他の産地でのワインが偉大過ぎるため、
余り話題にならない地域でもありました。

ですが、リーズナブルでいて品質の高いワインが豊富で、
白ワインは酸味を抑えた味わい、赤ワインは果実の凝縮感が溢れた、
ワイン入門にも最適な物が多数造られています。

代表的な銘柄というより、「生産者の名前+ブドウ品種」が多くなっています。

『2.スパークリング・ワイン』

「スパークリング・ワイン」は英語表記となり、
フランス語では「ヴァン・ムスー (vin mousseux)」と表記され、ラベル等にも記載されています。

シュワシュワと泡が立つ発泡性のあるワイン。二酸化炭素(俗に言う炭酸ガス)の含まれるワインです。
炭酸ガスの圧力が高いので、スティル・ワインの瓶に比べて頑丈で、
瓶底の凹みが強いのも特徴ですね。
アルコール度数は7~12度位のものが多く、スティル・ワインよりやや低めです。

ガス圧が3mg以上が基本ですが、中には1mg以上3mg未満の「ペティアン」という、
微発泡のスパークリング・ワインも有り、アルコール度数も低めの3~8℃位です。
甘口のものが多く、初心者やアルコールに強くない人にも抵抗は少ないと思います。

スパークリング・ワインの甘辛度は、スティル・ワインの白やロゼの様に、
甘口、辛口となりますが、多少細かい表現となります。

■甘口 「Dpux(ドゥー)」「Sweet(スウィート)」

■中甘口 「Demi Sec(ドゥミ・セック)」

■中辛口 「Sec(セック)」

■辛口 「Extra Dry(エクストラ・ドライ)」

■極辛口 「Brut(ブリュット)」「Extra Brut(エクストラ・ブリュット)」

と、なります。

代表的なもので、
「シャンパン」(フランス)、「スプマンテ」(イタリア)、「カヴァ(スペイン)」が有ります。
※「シャンパン」については『1.スティル・ワイン』の、7つの産地「6.シャンパーニュ」にて、
詳細が記載して有りますので参考にしてください。

『3.フォーティファイド・ワイン』

余り聞き慣れない名前だと思いますが、酒精強化ワインとも呼ばれ、
ワイン自体のコクや保存性を高めるため、「アルコールを添加して造られたワイン」です。

主な種類に「これは聞いた事が有るよ」という方も居るかも知れません。
「シェリー(酒)」「マディラ(酒)」「ポートワイン」が世界3大酒精強化ワイン、
として有名でもあり、アルコール度数が高いのが特徴のワインです。

「シェリー」:スペインの南部アンダルシア地方で造られるワインですが、
シャンパンと同様な厳格な規律が有り、それを満たした物だけ「シェリー」と名乗れます。
辛口から極甘口まで様々で、アルコール度数も15~22度と高めなので、
食前酒としても有名なワインでもあります。

「マディラ」:ポルトガルの先にある小さな島「マディラ島」で造られるワインです。
アルコール度数は17~22度と高めですが、甘いものが多く重たすぎないので、
結構量を飲める感覚です。
現地では料理酒としても使うそうで、日本で言えば日本酒みたいな感じですかね。

「ポートワイン」:ポルトガル北部、アルト・ドウロ地区という地域が、
政府によりポートワインの法定区域として定められています。
その地区で栽培されたブドウを原料とし、造られたワインのみが「ポートワイン」として認められます。
アルコール度数は20度前後の物が多いですが、甘味が強いのも特徴となります。

以上世界3大酒精強化ワインの他に、イタリア・シチリア島産の「マルサラ」
スペイン産の「マラガ」などが有ります。
一般的に甘口はデザート用、辛口はアペリティフ(食前酒)用として飲まれますが、
近年では食前、食後に限らず自由な飲み方をされることも多いようですね。

『4.フレーバード・ワイン』

これも聞き慣れないワインかも知れません。
ワイン(スティル・ワイン)に「薬草」や「果実」、「甘味料」を加えたワインで、
そのため個性的(独特)な強い香りと味わいに仕上がります。
別名で「アロマタイズド・ワイン」とか「混成ワイン」とも呼ばれてもいます。

代表的なものでイタリア、スランス産の「ヴェルモット」
スペイン、ポルトガルでよく飲まれている「サングリア」などが有名で、
アルコール度数も普通のワインより高めとなる物が多いので、
食前酒やカクテルのベースとして使われる事も多いです。

「ヴェルモット」:白ワインにヨモギなどの香草や、スパイスを配合したフレーバード・ワインです。
日本では税法上「果実酒」ではなく「甘味果実酒」と区別されます。

イタリア発祥の、糖分を加えた「スイート・ベルモット」という甘口のワインは、
カラメルを使用し着色したものも有ります。
これをベースにしたカクテルに「マンハッタン」が有ります。

一方のフランス発祥の「ドライ・ヴェルモット」は、糖分を加えていないので甘さは控えめです。
これをベースにしたカクテルに「マティーニ」が有ります。

「サングリア」:赤ワインにリンゴ、オレンジ、バナナ等の果物を漬け込み造ります。
また、砂糖や蜂蜜、果汁などの甘味料の他、ブランデーやスパイスも加える物も。

これは甘味が特徴のワインなので、ワインの渋みが苦手な人も楽しめますね。
また冷やしたり、炭酸で割って飲む事も出来ますのでお試しください。

と、ここで「これは自分(家庭)でも簡単に出来るでしょ」と思いますよね。
しかし、日本では酒税法により混成酒(梅酒が有名)を「一般家庭でも」作る場合は、
アルコール度数20度以上の酒に漬ける事が前提です。
ですからワインの様な醸造酒(20度未満が多数)で作った場合は違法になりますので注意です!

どうしてもという場合は、「飲む直前に一杯ごとに果物を入れる」という事ですね。
でもこれを「サングリア」と言うかどうかは・・・。

以上の様に一口に「ワイン」と言っても、色々な種類や製法、規定が有ります。
実際に見たり聞いたりして、そして飲んでみて、自分に合う物を探してみれば、
ワインにもっと興味を持ち、楽しくなると思います。

【お勧めの飲み方やつまみはどんな?】

『お勧め温度帯』

「赤ワイン」:10~18度位が適温です。氷で約5分、冷蔵庫で30~60分
ただ、ライトボディは低めの方が口当たりが良くなり、フルボディは冷やし過ぎると、
赤ワイン特有のタンニンという渋味が強くなり、本来の味わいが感じにくくなります。

「白ワイン」:5~15度位が適温です。氷で約20分、冷蔵庫で3~4時間
辛口は冷やし過ぎると本来の味わいが薄く感じられますので注意してください。
甘口は温度が低いほど甘味がサッパリとします。

白と赤のワイン

「ロゼワイン」:7~14度位が適温です。氷で約20分、冷蔵庫で3~4時間
辛口は少し冷やしてスッキリした味わい。甘口はさらに冷やしてサッパリめの方が美味く感じます。

「スパークリング・ワイン」:5~8度位が適温です。氷で20~30分、冷蔵庫で4~5時間
基本的にしっかり冷やして。複雑な味のタイプは少し高めの方が良い事も。

スパークリング・ワイン以外は氷を浮かべて「ロック」、
少し温め「ホットワイン」、さらにそこへ「砂糖や蜂蜜を入れて」、
とカジュアルに色々楽しめますよ。是非お試しを。

『お勧めの料理』

ここからは独断で解説させていただきますので、ご理解、ご了承ください。
結構前は「肉には赤ワイン」「魚には白ワイン」とい

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました