sendanywhereのトラフィック制限は?!再送か他サービス利用

ファイル転送サービス

sendanywhereのトラフィック制限に困っている人。
「トラフィック制限の原因は?対処方法は?制限を気にせずファイルを受け取る方法は?」といった疑問に答えます。

sendanywhereを利用している際、トラフィック制限でダウンロード出来ませんと出た時に、

トラフィック制限って何?どうしたらダウンロードできるの?

と思いませんか?

そこで、sendanywhereの様なファイル転送サービスをよく使う私が

  • sendanywhereのトラフィック制限?その原因とは?
  • sendanywhereのトラフィック制限の対処法とは?
  • トラフィック制限なんて気にしなくて良い?他の3サービスを紹介

のトピックでご紹介します。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

sendanywhereのトラフィック制限?その原因とは?

sendanywhereを使ってファイルを転送してもらい、受け取ろうとした時に「トラフィック制限を越えましたのでダウンロードできません。」でダウンロードできなくて困りますよね。

その原因は

  • サーバーへのアクセスが集中して過剰なトラフィックが発生しているため
  • 自動的にシステムでアクセスを制限

しているんですね。

なので、一つのファイルを複数人に配るような行為はアクセスが集中して過剰トラフィック発生の原因となるので制限の対象になってしまうようです。

アクセス集中がだいたい15人以上になるとの口コミもあります。

これに関しては人数が原因ではなく「ファイルの容量x人数」といった掛け算でトラフィック制限がされると思うので、容量が大きければ多いほど人数は少なくなるし小さければ多くの人に配れるのかもしれません。

そのトラフィック制限についての対処法を次に紹介します。

sendanywhereのトラフィック制限の対処法とは?

sendanywhereのトラフィック制限のかかってしまったダウンロードURLは基本的には無効となります。

それを前提にあえてトラフィック制限の回避方法としては次の2種類を紹介します。

  • ダウンロード用のアプリを使う
  • 再度アップロードかつダウンロードURLをもらう

ダウンロード用のアプリを使う

スマホでダウンロードする場合はダウンロードマネージャーアプリを使用するとデータをダウンロードすることが出来ます。

  • Androidの場合は「DManager Browser&Documents」
  • iPhoneの場合は「DManager」

を使ってダウンロードを出来る可能性があります。

「可能性」とかいているところがミソで、Send Anywhereの公式見解としてはダウンロードが難しいため使うことが出来ないと公言しています。

上記のアプリが使えなければ、諦めるしかないです。
※アプリでダウンロード出来ない場合でも数時間後に挑戦してみると出来る場合もあります。

再度アップロードかつダウンロードURLをもらう

アプリでダウンロードできなければ、お手上げです。対処法としては、送信者にURLを再発行してもらうしかないです。

ファイルの送信者に連絡して再アップしてもらいダウンロードURLを再発行してもらいましょう。

その際に、ダウンロードURLを他人と共有するとトラフィック制限がかかるので、自分専用のURLを発行してもらいましょう。

また、同一ユーザーが同じファイルを何度もアップロードして複数のダウンロードURLを作ってしまう事もトラフィック制限対象になる可能性との噂もあります。

そのトラブルを避けるためにも他のファイル転送サービスで送ってもらいましょう。

トラフィック制限なんて気にしなくて良い?他の3サービスを紹介

sendanywhereの様なトラフィック制限を一切気にしなくて使える無料のファイル転送サービスを3つ紹介します。

  • ギガファイル便
  • ファイヤーストレージ(firestrage)
  • データ便

ではそれぞれ解説していきます。

ギガファイル便

ギガファイル便は1ファイル200GBまで1度に複数のファイルを一気に送信できるファイル転送サービスです。

3つの中でも圧倒的にファイル容量が大きくsendanywhereに引けを取らないサービスです。

使い方はこちら↓

3STEPでとても簡単ギガファイル便の使い方!送信・受信方法
私が2番目におすすめするファイル転送サービスのギガファイル便の使い方をご紹介します。 初めてギガファイル便を使う方はやり方にとまどいがち。 そんな方のために図解で解説いたします。是非参考にしてくださいね。

ファイヤーストレージ(firestrage)

ファイヤーストレージは1ファイル2GBまで1度に20個のファイルを送信できるファイル転送サービスです。

3つの中でも転送速度は速いです。

ファイヤーストレージ(firestrage)の使い方を図解!3STEP
私のおススメするファイル転送サービスのfirestrage(ファイヤーストレージ)の使い方をご紹介します。 初めてfirestrageを使う方はやり方にとまどってしまいますよね… そんな方のために図解で解説いたします。是非参考に...

データ便

データ便も登録不要で500MBまで送れて、無料登録で簡易アンケート回答で2GB送信できるファイル転送サービスです。

使い方はこちら↓

簡単3step■宅ふぁいる便っぽいデータ便の使い方はコレだ!
結構仕事で使う方が多いファイル転送サービスのデータ便のの使い方をご紹介します。 データ便は登録不要で500MBで無料登録すると2GBの容量をデータ転送できるサービスです。 有料のビジネスプランなら容量無制限です。 以前「宅ふぁ...

このいずれかのファイル転送サービスで送ってもらうように送信者の方にお願いしましょう。

さいごに

この記事では

・sendanywhereのトラフィック制限?その原因とは?
⇒(アクセス集中。システムで自動的に遮断されてしまう。)

・sendanywhereのトラフィック制限の対処法とは?
⇒(送信者に再送してもらう。共有出なく自分専用のURLで送ってもらう)

・トラフィック制限なんて気にしなくて良い?他の3サービスを紹介
⇒(ギガファイル便・ファイヤーストレージ(firestrage)・データ便のいずれかで送ってもらう)

をお伝えしました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました