ワセリンを顔に塗って寝ると保湿効果が高まる?おすすめの使い方!

美容のこと

こんにちは!

皆さんは洗顔後のお顔の保湿としてどのようなルーティンを行なっていますか?
洗顔や保湿は毎日の欠かせない日課だと言う人も多く、女性はもちろん男性でも近年スキンケアを念入りに行う傾向にあります。

数ある保湿剤の中からも今日は「ワセリン」に注目してみたいと思います。
「ワセリンを顔に塗って寝ると保湿効果が高まる?おすすめの使い方!」と言ったタイトルで夜寝る前の洗顔後にワセリンを塗る効果は?塗ったまま寝て大丈夫?などなどワセリンのことを記事にしていこうと思います^^

スポンサードリンク

ワセリンとは?ワセリンの効果

ワセリンはいわゆる油系の保湿剤で「石油」を精製したものです。

保湿剤ではありますが、ワセリンそのものに保湿成分が含まれているわけではなくイメージとしては顔を脂の膜で覆い肌内部の水分が逃げないようにするのがワセリンの役割です。

となるとワセリン単体で塗るのは効果がないのかと言われるとそうでもありません!

ワセリンの使い方

洗顔後は一定時間経つとお顔が乾燥してしまいます。
ですがお風呂から上がりまだ顔が湿っている状態でワセリンを塗ることで肌内部の水分の蒸発(乾燥)を防ぐことができます!

塗り方としては手のひらに少量のワセリンを取り体温で温め、手のひらで薄く伸ばします。
その後、まだ顔に水分が残った状態で顔に塗っていきます。

最初はベタつきなどが気になるかもしれませんがワセリンは油なので気になる方は少量から試してみるといいかもしれません。。

ワセリンを顔に塗って寝て大丈夫?

結論から言うと問題ありません!むしろおすすめです^^

ワセリンも化粧水や乳液同様顔に塗ったらそのままでいいのです。
特に、ワセリンはベタつきがどうしてもあるため活動量がほとんどない寝る前?寝ている間に顔に塗ってある状態がベストです!

そうすることで、マスクや服につくこともなくワセリンの保護膜の恩恵をたっぷり受けることができます^^

じゃあ、朝洗顔した後にワセリンを塗るのはダメ?と言った答えに関してはNGではないが経験上あまりお勧めはできません。
なぜなら先述した通りベタつきが気になってしまったり活動量の多い日中では周りに付着しやすく気になってしまうからです。

僕が実際に行っていたワセリン活用法は、朝は化粧水と乳液で保湿。夜はワセリンを塗って就寝。と言う感じです!!

どんなワセリンを使えばいいの?

ワセリンにもいくつか種類があります。
純度によって色が変わり、ドラッグストアなどで普通に販売しているものの中には「黄色いワセリン」と「白いワセリン」があります。

ワセリンは純度が100%に近いほど色が白く、透明に近くなります。
お勧めはドラッグストアなどに置いてある純度100%の白色ワセリンです!

不純物がないため伸びが良く、またお肌が弱い筆者でも特に刺激もなく使えています。

まとめ

今回は「ワセリンを顔に塗って寝ると保湿効果が高まる?おすすめの使い方!」と題しワセリンの効果や使い方、おすすめのものまでサクッと紹介してきました!

  • ワセリンとは?ワセリンの効果
  • ワセリンの使い方
  • ワセリンを顔に塗って寝て大丈夫?
  • どんなワセリンを使えばいいの?

スキンケアもダイエットと同じく、万人に共通して合うものというのはなかなか存在しません。
自分の肌質を理解し探していくのもいいと思います^^

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました