充電器で充電中になるキーンと鳴るモスキート音の原因と対策とは?

家のこと

充電器の充電中になる音が気になる人。
「充電器で充電中にキーンと高音のモスキート音がなってしまう。気になって集中できない。眠れない。なぜ起こるのか?なったままでも大丈夫なのか?」

といった疑問に答えます。

本記事の内容

・充電器で充電中にキーンとなる高い音は何なのか?
・充電器のキーンとなる音をそのままにして大丈夫?
・充電器の音が気になって仕事に集中できなかったり寝れない場合は?

充電器で充電しよう電源コードをコンセントにいれた際に
キーンとかキュイーンなど高音のモスキート音が鳴った時に、

充電器のこの音、大丈夫かな?
そのままでもいいのかな?
音が気になるな…

と思いませんか?

そこで、充電器の音を気になって対策したことがある私が

・充電器で充電中にキーンとなる高い音は何なのか?
・充電器のキーンとなる音をそのままにして大丈夫?
・充電器の音が気になって仕事に集中できなかったり寝れない場合は?

のトピックでご紹介します。

スポンサードリンク

充電器で充電中にキーンとなる高い音は何なのか?

充電器をコンセントに差し込んですぐに
キーンとかキュイーンとか高音で
蚊が飛んでいるようなモスキート音がなるのが気になりませんか?

この高音が鳴る現象を

・コイル鳴き

といいます。

このコイル鳴きとは、充電器の中の電子回路のなかにある
コイルや変圧器というものが細かい振動を起こし
キーンとかキュイーンとかピーって音になって出ています。

では、この音をそのままにしていても大丈夫なのでしょうか?

充電器のキーンとなる音をそのままにして大丈夫?

充電器のキーンとなる音は

・故障じゃないの?
・そのままにしても大丈夫なの?

って思いますよね。

気になる異音ですけど、

・品質上問題ない

ということです。

このキーンという音が

「故障だ!」

とサポートセンターに連絡したとしても
「そういうものだからそのまま使ってくれ」と
取り合ってくれないようです。

故障ではないにしても、やっぱり音が気になりますよね。
その場合の対処方法を次に解説します!

充電器の音が気になって仕事に集中できなかったり寝れない場合は?

充電器のキーンという高音が気になって
集中できなかったり、寝ようと思っても寝れなかったりしませんか?

その解決方法を3つ紹介します。

・コンセントを逆に刺す、または違うコンセントに刺す
・電源コードを変える
・近くに置かない

コンセントを逆に刺す、または違うコンセントに刺す

充電器のコンセントの差込口を変えてみると
少ない確率でキーンとなる音がなくなる事もあります。

・コンセントを逆に刺したり
・違うコンセント口に

差し直してみましょう。

電源コードを変える

もし電源コードが変えられるタイプの充電器なら
電源コードを交換してみましょう。

これも少ない確率でキーンとなる音がなくなる事もあります。

近くに置かない

最終手段としては、
充電しているものを遠くへ置く事で
そのモスキート音から解放されます。

壁を隔てた隣の部屋であれば
あまり聞こえないでしょう。

さいごに

この記事では

・充電器で充電中にキーンとなる高い音は何なのか?
⇒(コイル鳴きと呼ばれる現象。小さな振動が音となって発生する)

・充電器のキーンとなる音をそのままにして大丈夫?
⇒(品質的に問題ない。故障でもない。)

・充電器の音が気になって仕事に集中できなかったり寝れない場合は?
⇒(コンセントを逆に刺す、または違うコンセントに刺す・電源コードを変える・近くに置かない)

をお伝えしました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました