tiktokの危険性とは?利用する前に知っておきたい5つのこと

tiktok

tiktokを使ってみたいと思いつつも「なんだか危ないイメージ」「情報漏洩の危険性とかあるんじゃないの?」と疑問を持つ方もいるでしょう。

本記事では上記の疑問を解決していきます。tiktokを運営しているByteDance(バイトダンス)は中国の企業であるため、感覚的に危ないと感じる方がいるのかと思います。

結論を言うと、tiktokは利用する際の注意点を守れば危険性もなく安全に楽しむことができます。

tiktokが危険だと思われている理由


危険だと思われているのは、運営している企業が中国の企業であり、中国に対してあまりいいイメージを持っていないことが原因だと言えます。またトランプ大統領の頃、アメリカで個人情報の流出の観点からインストールを禁止したことから危険だというイメージも持っている方も多いと思います。
※中国の法律には、政府の要請が合った場合に企業は情報を提供しなければならないというものがあります。(国家情報法)

しかし、tiktokは個人情報を登録せず利用できるので、危険性はほとんどなく安心して使うことができます。

tiktokが安全のために実施していること


tiktokではTransparency Centerにて透明性・信頼性を証明し、利用者に向けて情報を提供しています。※URL:https://www.tiktok.com/transparency/ja-jp/

tiktokが透明性・信頼性を利用者から獲得するために、過激な動画の削除や不正アカウントの停止などの実績を公開し、安全に利用してもらおうと努力していることがよくわかります。2021年8月に10代の利用者の安全性とプライバシーを守るために、16歳未満のアカウントには機能を制限する取り組みも実施しています。

tiktokの5つの危険性【見るだけ】

安全に利用してもらうために、様々な活動をしているtiktokですが危険性がない訳ではありません。
tiktokを利用したいとなった時に、知っておくべき5つの危険性について本章で解説していきます。
tiktok特有のものというよりは、動画プラットフォームSNS全般に言えることもありますので、他のSNSを利用する際にも参考にしてください。

【5つの危険性】

  • 個人情報の漏洩
  • 過激な動画の視聴
  • 投稿者への誹謗中傷
  • コメント欄でのトラブル
  • 視聴動画に関わる恋人や夫婦間の揉めごと

個人情報の漏洩

個人情報が漏洩してしまうのでは?と心配な方もいるでしょう。たしかにtiktokからシステム上の不具合やハッキングなどで漏洩してしまう危険性があります。
しかし、アカウント作成時に名前や電話番号、住所などの情報を登録しなければ漏洩の心配はありません。

過激な動画の視聴

tiktokには様々な動画があります。日本のみならず世界中の動画がレコメンドでおすすめとして、流れてくるのです。

その中にはグロテスクやエロティックなものもあり、あまり目にしたくない過激な動画も存在します。

過激な動画は、運営によって即刻削除されるようなシステムになっているので、基本的に目にすることはありません。しかし、可能性は0ではないので注意が必要です。

投稿者への誹謗中傷

tiktokは他のSNSと同じように投稿された動画に対していいねやコメント、シェアすることができます。投稿者はどれだけいいねされているのか、どんなコメントがきているかを1つ残らず確認しており、特にコメントにはしっかり目を通しています。

もし、あなたが動画にコメントしたいと思ったときは、自分がどんなコメントをもらったら嬉しいか、逆にどんなコメントだと心が傷つくのかを考えてください。

しっかり考えてからコメントしないと、意図しない形で投稿者への誹謗中傷コメントになってしまう危険性があります。何気ないコメントが投稿者の気持ちを傷つけることはよくあることなので、気をつけておきましょう。

コメント欄でのトラブル

コメント欄では投稿者だけでなく、動画を見ている利用者たちともコミュニケーションを取ることができます。しかし、コメント欄はトラブルが起きやすい場なので注意が必要です。どんな意見も匿名で気軽に書き込めるため、自分と異なる意見に対してつい自分の主張をコメントしてしまい、揉めごとになるケースが多々あります。さらには第三者までも入ってきて、意見のぶつかりになることもありますが、否定的な意見や自分と反対の意見に対しては気にしないようにするのが良いです。

視聴動画に関わる揉めごと

恋人や夫もしくは妻が異性ばかりをtiktokで見ていたら、あなたはいい気持ちにはならないでしょう。tiktokは利用者の趣味嗜好に合った動画が再生されるので、例えば男性でかわいい女の子ばかり見ていたらタイムラインはかわいい女性の動画ばかりになります。恋人や妻がふいにtiktokとタイムラインを見てしまうと、気を悪くしたりケンカに発展する危険性があります。

tiktokで動画を見る方法

tiktokで動画を見る方法は2種類あります。

  • ゲストとして見る方法
  • アカウント登録して見る方法

アカウントを作成せずゲストとしてtiktokで動画を見る

アカウントを作成せずゲストの状態でもtiktokで動画を見ることができます。投稿された動画に対し、いいねをしたりコメントを見たりもできるので、ゲストで十分に楽しむことができます。しかし、投稿者をフォローしたりコメントを書き込んだりすることはできないので、100%tiktokを楽しむにはアカウントの作成が必要になります。

アカウントを作成してtiktokで動画を見る

tiktokで新しくアカウントを作成する際には以下の7つの方法で登録ができます。

  1. 電話番号
  2. メールアドレス
  3. LINE
  4. Apple
  5. Twitter
  6. Google
  7. Facebook

7つの方法の中で、個人情報が出ないやり方で登録すると安心して利用できます。オススメはメールアドレスやGoogleのアカウントです。

メインで使っていないメールアドレスやGoogleアカウントであれば、万が一情報が流出してしまってもアドレスを削除すれば問題ありません。

まとめ

今回はtiktokを見てみたい方に向けて、tiktokの危険性について紹介しました。

tiktokは見るだけであればほとんど危険はなく、安全に楽しむことができます。

記事に上げた危険性をしっかり理解した上で、tiktokを利用してください。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました