国民栄誉賞とは―選考基準や時期、記念品、過去の受賞者まで

最近では2018年7月にフィギュアスケートの羽生結弦選手に授与されたことでも記憶に新しい、国民栄誉賞。この国民栄誉賞とは一体どんなものなのでしょうか。

選ばれる基準や時期について、更には気になる記念品や過去の受賞者までご紹介します!

国民栄誉賞ってどんな賞?

造花
国民栄誉賞とは「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったもの」に与えられる賞で、1977年に出来ました。これまでに26人と1団体が受賞しています。

選ばれる基準や時期は?誰が選ぶの?

国会議事堂の正面
国民栄誉賞は、内閣総理大臣から授与される賞です。

でもその基準はとても曖昧で、年齢や国籍は関係ないものの、「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったもの」、そして内閣総理大臣が「表彰することを適当と認めるもの」とされています。この曖昧さには批判もあるようですね。

選考の流れは、まず内閣総理大臣が候補者を上げ、有識者に意見を聞いた上で、最終的に受賞対象者に受賞の意思があるかを確認し決定となります。

また表彰の時期については随時となっているため、不定期で行われます。その為何年も受賞者がいなかったり、一年間に複数の人が受賞したりということもあります。

受賞者には表彰状以外に記念品も!お金は?

腕時計
国民栄誉賞の受賞者には「表彰状及び盾」のほかに、“記念品”または“金一封”が贈られることになっています。これまでの受賞者は全員記念品を選択してきました。

よくメディアなどでは金額にするとおよそ100万円相当のもの、と言われていますが、あくまでもこれは推測であるため実際の正確な金額は未だ不明となっています。

高額であることだけは間違いないですね……!

過去にはどんな人が受賞した?意外な受賞者も?

桜の枝木
国民栄誉賞第一号となったのは、当時プロ野球選手だった王貞治さんです。1977年9月に受賞されました。

1978年8月には作曲家の古賀政男さん(没後受賞)、
1984年4月には俳優の長谷川一夫さん(没後受賞)、
冒険家の植村直己さん(没後受賞)、
10月には柔道の山下泰裕さんが受賞。

1987年6月にはプロ野球選手の衣笠祥雄さん、
1989年7月には歌手の美空ひばりさん(没後受賞)、
9月には大相撲力士の千代の富士さんが受賞。

1992年5月には歌手の藤山一郎さん、
7月には漫画家の長谷川町子さん(没後受賞)、
1993年2月には作曲家の服部良一さん(没後受賞)が受賞。

1996年9月には俳優の渥美清さん(没後受賞)、
1998年7月には作曲家の吉田正さん(没後受賞)、
10月には映画監督の黒澤明さん(没後受賞)、
2000年10月には女子マラソン選手の高橋尚子さんが受賞。

2009年1月には作曲家の遠藤実さん(没後受賞)、
7月には女優の森光子さん、
12月には俳優の森繁久彌さん(没後受賞)が受賞。

2011年にはなでしこジャパンが団体で受賞しました。

近年では
2012年11月に女子レスリング選手の吉田沙保里さん、
2013年2月には元横綱の大鵬さん(没後受賞)、
5月にはプロ野球監督の長嶋茂雄さんと
プロ野球選手の松井秀喜さんが同時に受賞。

このお二人の時は授与式は首相官邸ではなく東京ドームで行われました。

そして
2016年10月には女子レスリング選手の伊調馨さん、
2018年2月には将棋棋士の羽生善治さんと
囲碁棋士の井山裕太さん、
7月にはフィギュアスケート選手の羽生結弦さんが受賞されました。

スポーツ選手が大半を占めるかと思っていましたが、
こう見ると幅広い分野の方々が受賞されていますね。

今後どのような方がここに名前を連ねていくのか楽しみです。

外国にも似た賞がある?

アメリカ国旗
国民栄誉賞のような賞は日本だけではなく外国にも存在します。

例えばアメリカでは“大統領自由勲章”というものが似ています。

この勲章は日本の国民栄誉賞よりも対象が幅広く、

政治家のマーガレット・サッチャーやロナルド・レーガン、
宇宙飛行士のニール・アームストロング、
俳優のオードリー・ヘップバーン、グレゴリー・ペック、

ロバート・デ・ニーロ、トム・ハンクス、メリル・ストリープ、
ミュージシャンのフランク・シナトラ、スティービー・ワンダー、
ダイアナ・ロス、エルヴィス・プレスリーなどが過去に受賞されてきました。

またディズニーランドの創設者ウォルト・ディズニーや、福祉において多大なる貢献をしたマザー・テレサやヘレン・ケラーなども受賞しています。

最後に……イチロー選手の受賞に期待!

今年3月に現役引退を発表したイチロー選手。実はこれまでに2度、国民栄誉賞の受賞の話がありましたが自ら辞退されてきました。

その理由としては、まだ自分が現役選手だからということ。

その時に“もし賞を頂けるなら、現役を引退しやりきったという時に頂きたい”と語られたようです。

現在、政府は国民栄誉賞を授与をする方向で検討中とのことなので、今後の発表に期待ですね!

追記19.4.5
ヤフーニュースでイチロー選手が国民栄誉賞を辞退されたそうです。

イチローさん、国民栄誉賞3度目の辞退 政府に伝える

過去に「野球人生が終わった時にいただけたら嬉しい」というニュアンスな発言はしていたので、
現役引退はされましたが、イチロー選手の野球人生は終わっていないといういことなのでしょうか?!

何らかの形で野球に関わっていくんでしょうね^^これからのイチローさんのご活躍に期待です^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました