踏み台昇降は効果なしと思っている?侮るなかれ!3ポイント解説

トレーニングのこと

踏み台昇降は効果なしってホントと思っている人。
「地味だし効果ない?期待通りの効果がでない?やり方に問題がある?」

といった疑問に答えます。

本記事の内容

・踏み台昇降の効果なしの3つの原因
・踏み台昇降が実はすごすぎる3つのこと
・踏み台昇降を爆発的に効果を上げる3つのこと

踏み台昇降でダイエットしたい時に、

踏み台昇降は効果なしってホント?

と思いませんか?

そこで、日頃の運動に踏み台昇降を取り入れた私が

・踏み台昇降の効果なしの3つの原因
・踏み台昇降が実はすごすぎる3つのこと
・踏み台昇降を爆発的に効果を上げる3つのこと

のトピックでご紹介します。

スポンサードリンク

踏み台昇降の効果なしの3つの原因

踏み台昇降をやっているけど
全然効果が発揮されない、
劇的な効果が現れないと思っていないですか?

初めて踏み台昇降をやろうとする人の3つの原因は下の3つです。

・続けることが出来なかった
・食べる量が多かった
・短い期間で痩せようとした

続けることが出来なかった

よくありがちなのは

続ける事が出来ない。

何か新しい事を始めるのに
3日坊主で終わってしまう事は多いですよね。

1日2日はやってみたけど、
3日目にはやめてしまう。

続ける事の出来ないのは

・目標が定まっていない
・やるハードルを極限までさげてない
・やるタイミングを一定にしていない

と言った事があげられます。

目標が定まっていないと
何のためにしているのか分からなくてなって
モチベーション低下を招きます。

踏み台昇降をまずは1分だけやるなど
やるハードルを極限まで下げないと
トレーニングする気力をそこまであげないと出来なくなります。

寝起きにやるとか20時にやるなど
やるタイミングを一定にしておかないと

食事の後でいいや、とか
お風呂の後でいいや、とか
明日の寝起きでいいやなど

後回しにしてしまい続けるのが億劫になります。

食べる量が多かった

踏み台昇降をしっかりトレーニングをしていても
いつも以上に食べてしまっては
成果を得る事が出来ません。

トレーニングをした後は
気持ちよくほどよくお腹すいて
運動したのだから食べても良いや!だと思いがちじゃないですか?

それをやっていると、
運動した分のカロリーはプラスマイナスゼロに
なってしまいます。

下手したら、トレーニングした以上の
カロリーを食べてしまっている事も多いです。

トレーニングするからには
食事の量もしっかりと気にしてみましょう。

短い期間で痩せようとした

夏前や健康診断が近いからといって
短期間で痩せようと思った事ないですか?

1~2週間以内に○キロ痩せたい!などと

追込みで痩せる方法はあると思いますが
踏み台昇降ではその方法は期待しない方がいいです。

なぜなら、消費カロリーがそんなに多くないからです。

人にもよりますが、踏み台昇降を1時間やって
消費出来るカロリーは200?250キロカロリーです。

人が1キロ痩せるためには
7000キロカロリーの消費が必要です。

1キロ痩せるためには約35時間かかる計算です。

踏み台昇降をする長さは最初の頃は
1回辺り30分くらいが限界なので
1日2回出来たとしても35日間かかります。

1キロ落とすのに約1ヵ月かかる計算です。

それを短期間でやろうと思うのは
超ハードモードなので
長期的なプランを考えた方がいいです。

踏み台昇降が実はすごすぎる3つのこと

踏み台昇降運動は効果なしと思っていますか?

でも下記の3つの凄い効果が期待できるのです。

・基礎代謝アップ
・下半身のシェイプアップ
・自律神経を安定させる

基礎代謝アップ

踏み台昇降をする事によって基礎代謝がアップします。

基礎代謝とは、呼吸や体温調整など
人間が生きる上で消費されるエネルギーのこと

筋力が増えることによって基礎代謝がアップします。

踏み台昇降を続けることによって
筋力がつき基礎代謝を上げることができます。

下半身のシェイプアップ

踏み台昇降でつかわれる筋力は
下半身まわりの筋力です。

そのためふくらはぎ、太もも、お尻などの
シェイプアップを期待できます。

自律神経を安定させる

踏み台昇降運動で自律神経を整えることができます。

踏み台昇降などの有酸素運動をすることによって
血流が改善されます。

血流が改善されるとセロトニンが分泌され
セロトニンが副交感神経を優位にし
自律神経を正常化してくれるのです。

踏み台昇降を爆発的に効果を上げる3つのこと

踏み台昇降運動をやるからには
もっと効果的なやり方で取り組みたいと思いませんか?

効果を上げる3つのポイントを解説していきます。

・意識する
・ストレッチ
・筋トレ

意識する

踏み台昇降運動する上で、
意識する点があります。

それは、
・適度な心拍数

といったことを意識します。

適度な心拍数とは
有酸素運動なので少し息切れするほどの
程よい反復運動がいいです。

基本的に最初の数分間は全然運動負荷がなくて
楽だからもっと強度をあげたくなりますが、
数分してくると汗がにじみだしてきます。

なので頑張り過ぎないように注意する必要があります。

ペースを上げたり、
高さを高くすると運動強度があがるので
後半きつくならないように軽めにやるのが鉄則です。

ストレッチ

踏み台昇降運動はトレーニングなので
ストレッチは外せません。

トレーニング前後に
けが予防や筋肉痛の予防のためにも必要です。

また、ストレッチによる筋肉の可動域が広がり
よりしなやかでスタイルの良い身体づくりを目指せます。

以下の3つを基本としてやってみましょう。

・足首をぐるぐる回す
・アキレス腱を伸ばす
・ひざの屈伸運動

筋トレ

筋トレ→踏み台昇降運動の順番でやることで
脂肪燃焼しやすい身体になります。

筋トレで体内の糖が最初に消費され、
次に踏み台昇降運動をすることで
体脂肪がエネルギーとして消費されます。

簡単な筋トレを取り入れてから
踏み台昇降運動をしてみましょう。

さいごに

この記事では

・踏み台昇降の効果なしの3つの原因
⇒(続かなかった・食べる量が多かった・短い期間で痩せようとした)

・踏み台昇降が実はすごすぎる3つのこと
⇒(基礎代謝アップ・下半身のシェイプアップ・自律神経を安定させる)

・踏み台昇降を爆発的に効果を上げる3つのこと
⇒(意識する・ストレッチ・筋トレ)

をお伝えしました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました