常にお腹をへこます効果ってあるのか?結果・やり方など

トレーニングのこと

常にお腹をへこます効果を知りたい人。
「常にお腹をへこます効果は?具体的にどうなるか?どうやればいいか?何を合わせれば効果がより期待できるか?」

といった疑問に答えます。

本記事の内容

・常にお腹をへこます効果は実際のところはどう?
・常にお腹をへこます方法の具体的なやり方は?
・常にお腹をへこます事との合せ技とは?!

ぽっこりお腹をどうにかしたいと悩んでいる時
常にお腹をへこますというダイエット方法があると聞いて、

常にお腹をへこますって本当に効果あるの?

と思いませんか?

そこで、リダイエットを5か月やって9キロ痩せた私が

・常にお腹をへこます効果は実際のところはどう?
・常にお腹をへこます方法の具体的なやり方は?
・常にお腹をへこます事との合せ技とは?!

のトピックでご紹介します。

スポンサードリンク

常にお腹をへこます効果は実際のところはどう?

ぽっこりお腹がタプタプしていて

・ズボンが履けなくなったなぁ…
・動きづらいなぁ…
・周りからの視線が痛いなぁ…

と思っていませんか?

そこで救世主として常にお腹をへこますだけで
ぽっこりお腹の肉がなくなる?!っと聞いて
それは簡単そうで良いね!って思いましたよね?

そこで以下の3つのポイントから解説していきます。

・ぽっこりお腹はどうなるか?
・何センチ減らすことができるのか?
・実践者の声は?

ぽっこりお腹はどうなるか?

常にお腹をへこますとぽっこりお腹はどうなるのか?

お腹はへこみます!

ぽっこりお腹の脂肪は
皮下脂肪と内臓脂肪に別れます。

皮下脂肪に関しては筋肉の外側についている脂肪なので
お腹をへこませても減ることはないですが、
内臓脂肪は筋肉で抑えることができます。

腹筋が弱っている場合には、
内臓脂肪がたるんだ筋肉を外側に押してしまいますが、
筋力が付けばたるんだ内臓脂肪が外側に押し出るのを受け止めることが出来ます。

何センチ減らすことができるのか?

もともとのお腹周りの胴囲やウエストが
大きい人は大きく減らすことができます。

期間によって1ヶ月でお腹周りが-1センチの方もいれば
長期間かけて17センチも減らした方もいます。

実践者の声は?

常にお腹をへこます事を実践していた人を
Twitterで探してみました。

すると下のように体重が減少に成功した人が見つかりました

https://twitter.com/iamrinkoringo/status/1216174164425371648

また、常にお腹をへこますと思っていても
気付くとへこます事をやめていたりと
意識づけが難しいようです。

常にお腹をへこます方法の具体的なやり方は?

お腹をへこますっていっても
どうやればいいか分かりませんよね。

常にお腹をへこますのはドローインという名称があり
1つのトレーニングとして確立しているんですね。

では、ドローインとはどうやってやるのでしょうか?

ドローイン

  1. 立った状態で足を肩幅まで開き胸を張り背筋を伸ばします。
  2. 胸を張ったままゆっくりと息をはいてお腹の空気を抜いてへこませていきます。
  3. お腹がへこんだ状態で30秒キープし、浅く呼吸をつづけます。
  4. さいごの脱力して終了です。

慣れないうちはお腹に手を当てたり
お腹を見ながらやってみましょう!

注意点としてはお腹を最大限までへこませるのではなく
腹筋で圧をかけてへこんだ状態をキープするのです。

また、空気を抜くときにお腹全体をしぼませる
イメージでやってみましょう。

常にお腹をへこます事との合せ技とは?!

ドローインだけでもお腹をへこますことはできますが、
運動や食事に気を付けたりすることで
最大効果を底上げすることができます^^

もしもっとお腹の肉を取りたいなら
以下の3つのどれでも取り入れてみましょう!

・有酸素運動を取り入れてブースト
・プロテインを摂取してブースト
・食事を気にしてブースト

有酸素運動を取り入れてブースト

有酸素運動を20分以上することで
脂肪燃焼を期待できます。

ドローインと有酸素運動することで
ぽっこりお腹だけでなく身体全体も
絞ることが出来ます。

体重が1キロ落ちるごとに
ウエストが-1センチという目安もあるので
お腹周り腹囲もより下がっていくでしょう。

プロテインを摂取してブースト

プロテインでたんぱく質をとりましょう。
現代の食生活ではたんぱく質は不足しがちです。

たんぱく質が足りていないと筋肉が衰えてきます。

目安は自分の体重の数値以上のグラム数を摂取しましょう。

体重40kgなら40g以上
体重70kgなら70g以上

食料品なら基本的に裏面にたんぱく質のグラム数が書いてあります。

それを計算しつつ体重以上にしましょう。

そうすることによって筋力がアップし基礎代謝が上がり
痩せやすい体になっていきます。

食事を気にしてブースト

ぽっこりお腹になっている場合は、
食べ過ぎているのが原因です。

食事を気にする場合は、
毎日食べた物を記録しておくと
食べ過ぎを予防できます。

一日でこれだけ食べたというのを把握できて
どれが我慢できてどれが我慢できないかを
判断して次につなげることが出来ます。

じつはこれだけでもダイエット成功します^^

さいごに

この記事では

・常にお腹をへこます効果は実際のところはどう?
⇒(ぽっこりお腹は引き締まる・1~17センチも減らせる・実践者で成功例が多い)

・常にお腹をへこます方法の具体的なやり方は?
⇒(ドローイン・30秒でできるトレーニング)

・常にお腹をへこます事との合せ技とは?!
⇒(有酸素運動を取り入れる・プロテインを摂取・食事を気にする)

をお伝えしました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました