エチケット袋は100円ショップのダイソーで売っている?

エチケット袋 アウトドアのこと

遠足の持ち物でエチケット袋は必ず持ち物リストの一つ。

 

バスで移動の時にカーブやガタガタ道の揺れで車酔いをして気持ち悪くなって食べた物を戻してしまったりする可能性もありますからね。

 

学校おたよりにエチケット袋の作り方が書いてあってるけど、作るのは材料も揃えなければいけないし、手間もかかるので100円ショップのダイソーで売ってたらいいなと思いませんか?

 

そのエチケット袋をダイソーで探してみました。

スポンサードリンク

ダイソーでエチケット袋が売っている店舗は?

100円ショップのダイソーにエチケット袋の置いてある場所を探してみました。幾つかのダイソー店舗を行った時に売っていない店舗もありました。

駅近のダイソーで店舗面積もさほど大きくないダイソーではエチケット袋は置いてありませんでした。

売り場面積が大きめの店舗でロードサイド店ならばエチケット袋を置いてある可能性は高いです。

もし店舗を1軒しか行ける時間がない場合は、そのお店に電話をしてあるかどうかを聞いた方がいいです。もしできれば取り置きをお願いしてみてください。

ダイソーの店舗検索で最寄店と電話番号をチェック→https://www.daiso-sangyo.co.jp/shop

関連→エチケット袋の作り方!封筒で簡単にメイキング

ダイソーの売り場でエチケット袋はどこにある?

ダイソーで品数が多い大型店などは、エチケット袋を探すのに苦労しますよね。お店の店員さんが近くにいれば聞けるのですが、近くにいなくレジぐらいにしか人がいない場合、わざわざ教えてもらうのも気が引けます。

なのでおおまかにでもどこら辺のコーナーを探せば売っているのががわかれば自分でも探せます。

エチケット袋が売っている場所は、「トラベル」のコーナーでも「衛生品」コーナーでもなく「カー用品」のコーナーに売っていました。

別店舗では、「化粧小物」コーナーの近くの棚に陳列されていました。

2店舗で置き場に違いがあったので、エチケット袋のコーナーが定まっていないようですね。「衛生品」「カー用品」コーナーになければ店員さんに聞いてみてください。

関連→エチケット袋の作り方!封筒で簡単にメイキング

ダイソーのエチケット袋はどんな感じ?

ダイソーで売っているエチケット袋のパッケージは下の写真をごらんください。

ダイソーのエチケット袋は1枚入りで
・ 吐くための袋(白い袋)と
・ 捨てる用の袋(黒い袋)
2枚が1セットで入っています。

白い袋はほっぺたに当てがう2つの羽がついていて、中に粉末状の吸水ポリマーが入ったファスナー付きのビニール製になっています。

黒い袋は中身が透けて見えないような作りになっています。

ダイソーのエチケット袋はどうやって使うの?

いざ使うとなると白い袋のなかのファスナーを空けて、二つの羽を右頬と左頬ににあてがいます。そして袋の中にゲロ(おう吐物)が入るようにします。

全て出し尽くしたら、2つの羽の付け根にあるビニール袋のファスナーをしめて閉じ込めます。その後に黒いビニール袋にいれ外から見えないようにします。

それを燃えるごみとして捨てましょう。

さいごに

この記事では

・ダイソーでエチケット袋が売っている店舗は?
⇒(店舗一覧より探して、電話確認)

・ダイソーの売り場でエチケット袋はどこにある?
⇒(カー用品コーナー。化粧小物。※店員さんがいれば聞くのが早い)

・ダイソーのエチケット袋はどんな感じ?
⇒(白と黒の2袋1セット。白は凝固剤入りの嘔吐袋。黒は廃棄袋)

・ダイソーのエチケット袋はどうやって使うの?
⇒(白の中に吐いて。黒袋に入れて捨てる)

をお伝えしました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連→エチケット袋の作り方!封筒で簡単にメイキング

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました