アクセルを踏むと車からキュルキュル音が!?その原因や対処法!

エンジンを掛けたり、アクセルを踏んだ時に車からキュルキュルと変な音が……!そんな経験ありませんか?

このような事態が起こると誰でも不安になってしまいますよね。特に走行中に音が聞こえ出すと車が故障したように感じ、事故を起こしてしまうのではないかと恐怖にかられます。

でも大丈夫。音の原因や対処法を知って、その不安をなくしてしまいましょう!

車からキュルキュル変な音がする……

車のハンドル
突然車からキュルキュルと音が鳴り出す現象……これはエンジンを掛けた直後やアクセルを踏んだ時、エアコンを入れた直後に起こります。

私も経験したことがありますが、物凄く不安を煽る音なんですよね。

でも原因を知り適切な対処法を取れば、快適なドライブを取り戻せます!

キュルキュル音の原因は?

ボンネットの中

車から聞こえるキュルキュル音の原因はエンジン部分のベルトにあります。

ベルトには、ファンベルト(エンジンを冷却するラジエーターのファンを回す働き)、パワステベルト(ハンドルの回転を補助する働き)、エアコンベルトなどがあり、どれも回転することでエンジンの力を伝え、発電機やエアコンを動かしたりといった役目があります。

車種によってはベルト一本で全て賄っていたりもします。

ではベルトがどうなることで音が出ているのでしょうか。

原因として一番多いのはベルトの劣化です。

ベルトはゴム製な為、使い続ければ必ず劣化していき、やがて滑車部分とうまく噛み合わずに滑るようになってしまいます。

そう、音の正体はベルトが滑っている音なんですよ。

他にも、ベルトに緩みがあるときにもこの音がなります。この場合はしっかりと張りを持たせると直りますが、劣化が原因で緩んでいた時は交換が必要になります。

ちなみに、私の時はファンベルトの劣化が原因でした。

そのまま放置するのは危険すぎる!

危ないからやめて
車のキュルキュル音は“少し経てば聞こえなくなる”、“忙しいし……”と放置する人も多いかもしれません。

でも実は放置するのはとっても危険なんですよ!

鳴り出してからしばらくの期間は車は正常に走りますが、そのままにしてしまうとやがてベルトが切れ、エンジンが停止してしまう恐れがあります。

走行中に突然車が止まってしまったら大事故に繋がりかねないですよね……。

事故にならなくても、旅行先や山道といったよく知らない場所で車が動かなくなってしまう可能性もあります。手遅れにならないよう、なるべく早めに対処するようにしましょう!

キュルキュル音の対処法は?車のプロに見てもらおう!

車のメンテナンス工
では、車から異音が聞こえたときにはどこで直せばいいのでしょうか。

まず、自分自身で出来ることはほとんどありません。エンジンを停止しボンネットを開けて、ゴムのひび割れや弾力のあるなしを確認することも出来ますが、中々素人では難しいこともあります……。

走行中に鳴り出した時は、とりあえずエアコンをストップするなどして、少しでもベルトに負荷がかからないように応急措置を取りましょう。

ベルトをちゃんと直す為には、車のプロであるカーディーラーや修理工場で見てもらう必要があります。(事前に予約してから行くと待ち時間が少なくて済みますよ)

ベルトの劣化により交換となった場合、整備にかかる時間はおおよそ一時間、料金は一万円程となります。

他にも直す部分があるかもしれない時は、もう少し余裕を見ておいた方がいいかもしれません。

ベルトは消耗品なのでどのような乗り方をしていても必ず劣化していきます。定期的に点検を受けると、変な音がし始める前に消耗していることに気付くことが出来ますよ。

現在、キュルキュル音が鳴っているという方は早めにカーディーラーや修理工場で見てもらい、安心してドライブが出来るようにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました