宅ふぁいる便の代わり(代替)はどれ?無料サービスの速さと安全を比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宅ふぁいる便が個人情報流出の為に、サービスを一時停止しています。
今年(2019年)の1月24日にサービス利用停止してからすでずっと使えない状態です。

大容量ファイルの送信手段がなくなってとても焦っているのではないでしょうか?
そんな時に代わりとなるファイル転送サービスを探してみました。

大容量サイズのファイルを転送できるサイトは調べてみると大小様々でかなりたくさんあります。

その中でも無料で使えるサービスの中で、

・スピードが重要な人向けの「転送速度が速いランキング」と
・無料でもセキュリティが重要と言う人向けの「安全サイトランキング」

を調べてみましたのでぜひ参考にしてみてください。

ファイル転送サービスのスピード比較ランキング

宅ふぁいる便の代わりのサービスで重要視したいところは、やはりアップロードやダウンロードの転送速度。

転送スピードが遅いと、アップロードに時間がかかります。その間、ブラウザを立ち上げたままでは仕事ができませんよね。

速ければ速いほど、作業も効率アップして待ち時間でイライラもしなくなります。

そんな転送スピードが早いファイル転送サービスがどれなのか計測してみました。

【手順はこちら】
1.500MBのダミーファイルを作成
2.ダミーファイルのアップロードの時間を計測
3.ダミーファイルのダウンロードの時間を計測

【時間計測の結果表】

順位サービス名アップロード時間ダウンロード時間合計時間
1ファイヤーストレージ0分58秒2分57秒3分55秒
2おくりん坊2分11秒2分15秒4分26秒
3bitsend3分54秒2分21秒6分15秒
4tenpu2分35秒4分18秒6分53秒
5ギガファイル便1分26秒6分11秒7分36秒
6ネット便6分07秒7分28秒13分35秒
7データ便7分26秒9分11秒16分37秒
8Filemail10分47秒34分06秒44分53秒

するとぶっちぎりで「ファイヤーストレージ(firestrage)」の勝利でした!

ファイル転送サービスの中で唯一、アップロード時間を1分切りを果たしました。

スピード速さを最優先と考えている方は、「ファイヤーストレージ(firestrage)」をお勧めします。

>>簡単3step!ファイヤーストレージfirestrageの使い方

次に、セキュリティの安全面を重視した視点でファイル転送サービスを比較してみました。

セキュリティの安全性ランキング

速さも重要だけど、セキュリティが安全であることも重要です。

1月に起きた宅ふぁいる便の情報漏洩は、会員のメールアドレスやログインパスワード、氏名などの個人情報が流出しました。

なので、メールアドレスを含む個人情報を入れないといけないサイト(会員サイト)をまず省いています。

次に、何を基準にセキュリティが安全か判断するかを以下の4つで比べます。

1.ダウンロードのパスワード設定
アップロードしたファイルを受信者がダウンロードする際に、送信者からパスワードを教えてもらえないとダウンロードできない機能です。

2.アップロードファイルの消去
アップロードしたファイルを送信者が「間違って送信した」「ずっとサーバーに置くのが不安」といった場合に、消去できる機能です。

3.ウイルススキャン
アップロード完了時にファイルをウイルススキャンしてくれる機能です。

4.保存期間設定
ファイルの保存期間が長かったりすると第三者に「データを盗まれる」可能性も出てくるので送信者がファイル保存期間を設定できる機能です。

以上を調べたものを表にしました。

Rankサービス名1.パスワード2.消去機能3.ウイルススキャン4.保存期間
1ギガファイル便
2データ便×
2ファイヤーストレージ×
2ネット便×
2bitsend×
4おくりん坊×××
4Filemail×(有料)××

すべての機能を兼ね備えたのが「ギガファイル便」でした!

アップロードするファイルを安全に先方に送るには当ブログではギガファイル便を一押しとしておススメします!

結局のところ、宅ふぁいる便の代わりにどれ使う?

下に宅ふぁいる便の代わりとなるファイル転送サービスを書き出しています。

私はこの中でも、転送速度が速いファイヤーストレージを頻繁に使っています。

データが軽ければ、どこのファイル転送サービスでもいいのですが、ファイルが何百キロバイトやギガバイトと大きくなればなるほど転送速度が気になってきます。

そもそも、宅ふぁいる便は転送速度があまり速くなかったので、使ってはいませんでした。

セキュリティを気にする場合には、前段で比較したようにファイル転送時にパスワードをかけられるか、アップロードしたファイルを自分で消せるか、ダウンロード期間に制限を設けられるかなどを気にします。

また他に気にするとすれば、運営母体となる企業が明記しているか?他の企業も使っているかを気にします。

ファイル自体がアップロード時にウイルス感染する可能性も0ではないので有名で大手企業のファイル転送サービスの方がセキュリティに気を付けている様に思われます。

その目的に合わせて使い分けてです。

データファイルを送信するにも動画ファイルを送信する。オフィスソフトのファイルを送信する。画像編集ソフトのファイルを送信するなど色々用途がありますが、

・(納期に間に合わせるために)速さを優先するとか
・(機密情報をあつかうので)セキュリティを優先する

などいろいろな使い方があります。

私は機密データを送信するわけではないので、主に使用するのはアップロードの転送速度が速い

1位ファイヤーストレージ(firestrage) ⇒ファイアストレージの使い方
2位ギガファイル便 ⇒ギガファイル便の使い方
3位その他サービスを併用

このような順番で利用しています。

ぜひ参考にしてみてください^^

 

最後にそれぞれファイル転送サービスの一覧表を掲載しています。

ファイル転送サービス一覧比較表

サービス名非会員送信容量保存期間速度RANKセキュリティRANK
データ便0.5GB1時間、2時間、6時間、12時間、1日間、2日間、3日間72
ファイヤーストレージ無制限1時間、3時間、6時間、12時間、24時間、2日間、3日間、7日間、指定なし(7日以上)12
ギガファイル便200GB7日間、14日間、21日間、30日間、60日間51
おくりん坊0.5GB7日間24
ネット便2GB1時間、2時間、6時間、12時間、1日~14日62
Filemail.com50GB1日、1週間、1ヶ月、無期限84
bitsend無制限0~14日間32
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください