師匠は英語でなんという?先輩や目上の人に対する英語も!

資格のこと

日本では先輩や上司、部長!課長!と言ったように目上の人に対する呼ぶ方がはっきりと確立していますよね。

では、英語ではどうなのでしょうか?
よく海外ドラマや映画を見る人の中には先輩後輩、上司と部下のようなシーンを見たことがあるかと思います。

今回は「師匠は英語でなんという?先輩や目上の人に対する英語も!」と題し記事を進めていこうと思います。

この記事が役に立つ人

  • 英語を勉強している
  • 英語で師匠はなんというのか気になる
スポンサードリンク

英語での師匠は日本と同じ?

まず初めに、日本語でイメージする師匠とは熟練したその道のプロといったイメージがあります。
英語での師匠は日本も日本語のそれと同じイメージです!

ですが、英語では師匠に対しての呼び方が一つではないようです。
シチュエーションやその人との関係によって呼び方が変わってくるので紹介していきます^^

最も日本語に近い師匠「Master」

一つ目は日本語での師匠と同じシチュエーション、関係で使える呼び方「Master」になります。
英語訳は以下のようになります

A person who employs a servant or owns a slave.
(従業員を雇ったり自分専属の働く人を持つ人)

こう聞くとい英語での師匠ってなんだか偉そう。パシリにされそう。人をモノのように使う人
といった印象を受けますがそうではありませんよ?

超人気SF映画スターウォーズでもこの「Master」が使われています。
作中でも師匠に値する人がこの呼ばれ方をしていますがしっかりと師匠ですね!

教育、お稽古などの「Teacher」

こちらは日本人お馴染みの先生!といった英単語になります

日本でも習字の先生、バイオリンの先生、数学の先生といった具合に目上の人(師匠に当たる人)を呼んだりしますよね。
英語でも同じで主に習い事や学校で目上の人や師匠に当たる人を呼ぶときにはTeacherを使います。

スポーツ関係の習い事で「Coach」

こちらも日本人にも馴染みの深いコーチです。
水泳のコーチやテニスのコーチなどスポーツ関連で師匠に当たる人を呼ぶときによく使われます。

日本事後で言うところのコーチと全く同じニュアンスなのでイメージしやすいかと思います!

会社の上司には「Boss」

日本でいうとことの上司は英語でBossになります。
ボスというと組織の中で一番偉い人という印象ですが、英語でのボスは直属の上司ということになります。

ちなみに社長のことは「president」や「manager」 と呼びます。

I’ll talk to our manager that my boss never let me take a family vacation.
(上司が僕に一度も家族旅行をとらせてくれないから社長にちくるわ)

博士や医者には「Doc」 「doctor」

博士や医者のことをドクターと言ったりします。

日本ではあまり馴染みのない呼び方ですが英語では博士もドクターと呼びます^^

有名な映画「Back to the future」に登場する博士もDocと呼ばれています。
(doctorのことを略してDoc)

まとめ

今回は「師匠は英語でなんという?先輩や目上の人に対する英語も!」と言ったタイトルで師匠の英語での呼び方と目上の人、尊敬に値する人の呼び方も紹介してきました。

  1. 最も日本語に近い師匠「Master」
  2. 教育、お稽古などの「Teacher」
  3. スポーツ関係の習い事で「Coach」
  4. 会社の上司には「Boss」
  5. 博士や医者には「Doc」 「doctor」

日本語同様に目上の人に対する呼び方はさまざまですね!

この記事が役に立つと嬉しいです^^

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました