貴族は英語でなんと言う?語源や貴族の歴史との関係性とは?

資格のこと

王様?天皇陛下?どっちが偉いの?

英語を勉強していると外国の歴史を学ぶシーンが出てきます。
その中で日本とはかけ離れた歴史的ポジションも登場し、役に困ることもしばしばありますよね。。

今回は「貴族は英語でなんと言う?語源や貴族の歴史との関係性とは?」と題し「貴族」を英語でなんと呼ぶのかを紹介する少し難しい記事になります。

日本に貴族はいないため単語の必要性がないのではと思いがちですが、外国の歴史を知ることはその国の言語歴史を学ぶことでもあるので楽しみながら読んでいただければと思います^^

この記事が役に立ちそうな人

  • 英語が好き
  • 英単語が好き
  • 世界史が好き

貴族は英語でなんと言う?

まず初めに貴族は英語でなんと言うか。について結論から言うと

・Aristocrats ・Nobles

貴族を表す基本英単語は二つあります!

日本人で英語を学んでいる人は僕も含めて”Aristocrat”という単語は馴染みがあると思いますが”Noble”は聞いたことがなかったという方もいるはずです。
なぜなら日本の英単語帳にはAristocratがNobleよりも頻出するからです。

じゃあ、どちらが正解なの?というとどちらも日本語で言うところの’’貴族’’を表しています!
詳しくみていきましょう!

Aristocratはアメリカ英語?Nobleはイギリス英語?

結論から言うとアメリカ英語でもイギリス英語’’貴族’’を表す英単語に区別はないようです。

ただ、調べによるとアメリカにNobleはいないためアメリカ人が貴族を表す単語を使うときにはAristocratを使うそうです^^

やはり英単語を学んでいるとその国の文化や歴史がわかると理解が深まりますね!

AristocratとNobleに明確な違いはあるの?

’’Aristocrat= someone in the highest social class in a society. one of the most influential and powerful people. ”

”Noble= someone who was given special privileges and titles because they or their family were rewarded by a king or queen for their loyalty. ”

Aristocratは社会の中でとても影響力のある人で社会階層のトップです。
どちらかというと生まれながらに貴族ではなく社会的に偉い人というイメージで日本人の持つ貴族のイメージとは少し違うかもしれません。

Nobleは日本人の持つ貴族のイメージそのもので生まれながらに貴族、その家系が権力を持っているのです。日本でいう天皇家みたいな感じです。

まとめ

今回は少し難しい記事になりましたが貴族を表す英単語を紹介してきました!

・貴族は英語でなんと言う?
・Aristocratはアメリカ英語?Nobleはイギリス英語?
・AristocratとNobleに明確な違いはあるの?

その国の言語と歴史や文化は根強く関係しています。
言語好きな人にも歴史好きな人にも英語学習はおすすめです^^

この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました