データ便の無料プランはギガまで送れるの?安全性も含めて解説

ファイル転送サービス

データ便が無料か知りたい人。
「データ便が無料でどのくらいの容量まで送れるの?大きいサイズ送れるサービスを知りたい。データ便が安全に使えるか知りたい。」

といった疑問に答えます。

本記事の内容

・データ便は無料で送れる容量はこの2つ!登録でギガも転送可能!
・データ便の無料プランより大きい容量を送りたいならこの3つ
・データ便が無料プランの安全性はどうなのか?セキュリティから検証

メールの添付ファイル送信で送れなかったとき、
ファイル転送サービスのデータ便で
サイズの大きなファイルを送りたい。

そんな時、

データ便って無料で使えるの?

と疑問に思っていませんか??

この記事では日ごろからファイル転送サービスを多用する私が

・データ便は無料で送れる容量はこの2つ!登録でギガも転送可能!
・データ便の無料プランより大きい容量を送りたいならこの3つ
・データ便が無料プランの安全性はどうなのか?セキュリティから検証

をご紹介します。

データ便は無料で送れる容量はこの2つ!登録でギガも転送可能!

データ便の無料プランは2つ用意されています。

ライトプラン(登録不要)
・ファイル転送容量上限500MB

フリープラン(登録必要)
・ファイル転送容量上限2GB

送りたいファイルが500MB以上ならば、
データ便の会員登録をしましょう。

もし会員登録は個人情報を入れるから避けたいとか
登録不要なサービスがいいというのであれば

他のファイル転送サービスを使いましょう。

データ便の無料プランより大きい容量を送りたいならこの3つ

データ便が無料かつ登録不要でファイル転送できる
データ容量が500MBです。

それより大きいファイルを送りたいなら
下記の3つのファイル転送サービスをお勧めします。

・ギガファイル便
・ファイヤーストレージ(firestorage)
・ネット便

①ギガファイル便

ギガファイル便は最もお勧めするサービス。

ファイル1つの容量上限は200GBですが、
何個でもファイル送ることができます。

実質容量無制限です。

データ便の保存期間が最長で3日間に対して
ギガファイル便は60日間と長くなっています。

データの受け取り側の取り忘れで
再送信する手間を考えると
保存期間が長い方が便利ですね!

他2つのサービスが1ファイルあたり2GBまでなので
それ以上の容量のファイルを送信するならギガファイル便一択になります。

ギガファイル便の使い方

②ファイヤーストレージ(firestorage)

ファイヤーストレージは転送できる
ファイル容量は1ファイル2GBまでです。

同時に20個のファイルを送る事ができます。

ファイヤーストレージにアップしたファイルの保存期間は
最長7日間です。

2GB以内のファイルを送りたいなら
ファイヤーストレージを使いましょう!

ファイヤーストレージの使い方

③ネット便

ネット便はファイル容量は合計で2GB以下です。

データ便と同じ会社が運営しているので
保存期間はデータ便と違い最長が14日間となっています。

データ便と少し違うところは登録不要で
2GBまでのファイル転送をできます。

もし、他のファイル転送サービスを使うのが
不安な場合は
ネット便を使う事をお勧めします。

ネット便の使い方

 

データ便が無料プランの安全性はどうなのか?セキュリティから検証

データ便の安全性はどうなのか?と疑問がわいてきませんか?

本来であれば、
機密性や個人情報の入ったデータを
無料のファイル転送サービスを利用するのはNGです。

多少漏れても実害がないようなモノに限定しましょう。

それを承知の上で、安全性は大丈夫なのでしょうか?

データ便では下記の機能があり安全性が高められています。

・通信は暗号化のSSL通信を使っている
・ダウンロードできるURLはランダムな文字列になっている
・パスワード設定ができる

・データの保存期間を短く設定できる
・データをアップした後に消すことが可能
・セキュリティ便という独自の機能がある

詳しくは下記の記事を参照ください。

データ便の安全性はどうなのか?安心して利用する方法とは?

さいごに

この記事では

・データ便は無料で送れる容量はこの2つ!登録でギガも転送可能!
⇒(ライトプラン500MB。フリープラン2GB)

・データ便の無料プランより大きい容量を送りたいならこの3つ
⇒(ギガファイル便。ファイヤーストレージ。ネット便)

・データ便が無料プランの安全性はどうなのか?セキュリティから検証
⇒(暗号化通信。ランダムURL。パスワード設定。短い保存期間。削除機能。セキュリティ便)

をお伝えしました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました