カーリースの車に傷をつけてしまったら!?対処方法、費用負担など

車のこと

カーリースの車に傷をつけた時の不安がある人。
「傷をつけたらどうすればいいか?傷の費用負担はだれがするのか?違約金が発生するのか?」

といった疑問に答えます。

本記事の内容

・カーリースの車に傷をつけてしまったらする事とは?
・車に傷をつけた時の費用負担は誰になるのか?
・違約金が発生する?車の傷が契約にどう影響するのかを解説。

カーリースの車を利用している際に
駐車場に停めるときに車を少し擦ってしまいました(-_-;)

そんな時に、

カーリースの車の傷はどう対応すればいいの?

と思いませんか?

そこで、カーリースを検討中の私が

・カーリースの車に傷をつけてしまったらする事とは?
・車に傷をつけた時の費用負担は誰になるのか?
・違約金が発生する?車の傷が契約にどう影響するのかを解説。

のトピックでご紹介します。

スポンサードリンク

カーリースの車に傷をつけてしまったらする事とは?

車を運転していて、
運転歴が長ければ長いほど事故にあわずとも
多少なりとも車に傷をつけることもありませんか?

自分所有の車だったら、
修理費用にお金がかかったり保険を使っても
等級がさがってしまうと思って放置しちゃうところです。

でも、カーリースの車に傷をつけてしまったら、
自分所有の車と違って所有者はリース会社になります。

そのため、リース会社に報告義務が課せられるのです。

対人、対車などの接触事故の場合、
最初にけが人がいたら、

・救急車
・警察
・保険会社

の順に連絡をしなければいけませんが、

カーリースの場合は
それらに追加して

・リース会社への連絡

も必要となります。

連絡を怠ってしまうと、

契約違反になってしまい、契約期限を待たずして
契約の解除となり違約金と清算金が発生する可能性が出てきます。

自損の事故である場合や擦ってしまった場合も
同じくリース会社への連絡は必須になります。

車に傷をつけた時の費用負担は誰になるのか?

運転中に車に傷がついてしまった場合、
誰が費用負担をするのでしょうか?

当然ながら
車の傷は運転者である
カーリースの利用者が払います。

傷を治すのに数万円からといった
結構な費用がかかります。

その負担をするのは大変なので、
カーリースの会社によっては、
車両保険がコミコミのプランがある会社もあります。

車両保険がついていない会社は
カーリースの契約の別に自動車保険に入るんです。

しかも普通の自動車保険ではなくて
カーリース専用の自動車保険に加入する必要があります。

少しの傷なら数万円でますが、
傷の深さや面積が大きければ金額も跳ね上がります。

大きな金額に備えるためにも
車両保険に加入するか、
万が一のために貯蓄をしておくかですね。

違約金が発生する?車の傷が契約にどう影響するのかを解説。

カーリースの車に傷をつけた場合、
契約にどう影響があるのでしょうか?

車の傷だけの場合と
事故を起こして全損の場合とでは、
少し場合が違ってきます。

まずは、車が走行できなくことや、
車の時価より修理費用が高くなった場合は
全損扱いになることがあります。

そういった場合は、
カーリースの契約は強制的に解除になってしまいます。

残りの期間のリース料と違約金などを清算する必要がでてきます。

車の傷だけで、修理した場合は、
契約満了時の査定に響いてきます。

ちょっとした傷を直した場合ならまだしも
傷が深く部品を取り替えたりすると
事故車扱いになり車の査定額に大きく響いてきます。

もしフロントエンド契約で
契約満了時の査定額を設定している場合は、
傷で査定額が下がった分を支払う必要が出てきます。

さいごに

この記事では

・カーリースの車に傷をつけてしまったらする事とは?
⇒(事故の場合は救急・警察・保険会社・リース会社。擦ってしまった場合はリース会社に連絡)

・車に傷をつけた時の費用負担は誰になるのか?
⇒(利用者が修理代を負担。車両保険に前もって加入する必要あり。)

・違約金が発生する?車の傷が契約にどう影響するのかを解説。
⇒(契約満了時の車の査定額が下がる可能性があり、その差額を支払う必要がでてくる。)

をお伝えしました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました